グループ経営理念・事業ビジョン

私たち小田急グループの考え方や姿勢の礎となる経営理念と、この考えのもと、具体的な事業を実現する方向性としてのグループ事業ビジョンをご紹介します。

グループ経営理念

グループ経営理念は、経営に対する普遍的な価値観や社会に存在する意義を示した「経営理念」と、これを実現するための経営の姿勢ならびに各ステークホルダーに対する約束を示した「経営方針」で構成されています。ここで示された経営方針に則り、経営理念を実現することで、社会とともに持続的に発展していくことが小田急グループの社会的責任(CSR)です。

経営理念

小田急グループは、お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献します。

この経営理念は、小田急グループが社会に対して事業を通じて果たすべき役割・責任や、企業市民として社会に存在する意義を表しています。

小田急グループは、お客さまの期待に応え、お客さまに満足していただける価値ある時間や空間を創造・提供していくことで、お客さまの大切な時間を快適で心地よいものにするお手伝いをし、良きパートナーとしてお客さまの明るくしあわせなくらしの実現に貢献します。

経営方針

私たちは、日々の業務を誠実に遂行することで経営理念を実現し、社会とともに持続的に発展します。これを小田急グループの社会的責任(CSR)と定め、以下の経営方針を掲げます。1. 外部環境に自ら適応し、常にお客さま起点で行動します。2. さまざまなネットワークを通じて、お客さまの期待に応えるために協働します。3. 関わりあう人々と協調することで、適正で調和のとれた経営に努めます。4. 自主・自律と相互の信頼に基づき、誇りと喜びをもって、互いに高め合い成長できる活気に満ちた企業を目指します。

グループ事業ビジョン「Value Up 小田急」

グループ事業ビジョン「Value Up 小田急」は、グループ経営理念を実現するためのグループ全体の将来の姿や、これを実現するための事業成長の方向性ならびにグループ各事業の役割を示したものです。

今後も、グループ各社が「Value Up 小田急」に示された事業成長の方向性に従って、それぞれの役割を確実に実行し、自主自立のもと個々の事業が価値を高めるとともに、グループの協働を通じて将来にわたるキャッシュフローを最大化させ、さらなるグループ価値・沿線価値の向上を目指します。

小田急グループがお客さまに提供する価値

沿線エリアに広がる都市と自然の恵みを活かし、人々の生活シーンにおいて、「安心、便利、快適」を基本に、一つでも多くの「上質と感動」を提供します。

3つの事業ドメイン

 

小田急グループの経営計画体系

グループの経営計画体系