自然との共生

「自然との共生」活動の考え方

 持続的発展が可能な社会の構築のためには、自然界の循環を確保するとともに、生物多様性の保全と健全な生態系の維持・回復が重要となります。
 小田急沿線には、多摩川、相模川、酒匂川などの河川や、相模湾、多摩丘陵、丹沢山地、箱根火山など、変化に富んだ多様な自然が広がっています。
 そこで当社では、こうした自然環境から受けるさまざまな恵みを大切にし、これらを沿線住民の方々とともに持続的に享受していくことができるよう、より多くの方々が自然に触れ、その豊かさを感じていただく機会・情報を提供する「自然との共生」活動に取り組んでいます。
 実際の活動にあたっては、小田急グループや小田急沿線にお住まいの方々にもご参加いただいており、今後は行政やNPOなどと連携しながら、効果的な活動の実施に努めていきます。

小田急の「自然との共生」活動の考え方

小田急の「自然との共生」活動の考え方

「小田急沿線自然ふれあい歩道」づくり

梅ヶ丘駅〜経堂駅コース<

梅ヶ丘駅〜経堂駅コース

コースガイドの小冊子

コースガイドの小冊子

 「小田急沿線自然ふれあい歩道」は、小田急線の駅を起・終点とする散歩道です。
 小田急沿線には、身近にありながらあまり知られていない魅力的な自然資源や文化財が数多くあります。当社ではこれらの見どころを巡る快適な散歩コースを選び出し、沿線にお住まいの皆さまに気軽に楽しんでいただけるよう、コースガイドの小冊子を作成するとともに、ホームページには、各コースのマップと見所情報のほか、コースを巡回している情報提供員から報告される旬の情報も随時掲載しています。
 2008年9月に全70コースが完成しています。

車窓景観の修景

景観修景前、景観修景後

 当社では、速度に応じて変化する印象的な車窓景観をお客さまに提供することを目的に、箱根にある魅力的な景観資源を活性化する「車窓景観修景計画」に取り組んでいます。
 計画には、箱根を特徴づける箱根外輪山、芦ノ湖、早川の清流などの景観要素と効果的に出会える車窓景観を確保するため、眺望支障物の撤去、修景植栽などの基本的な改善策を盛り込んでいます。
 箱根ロープウェイ(株)では、2008年度に桃源台駅周辺に密生していたヒノキを間伐し、箱根芦ノ湖への視界改善を図ったほか、2009年度には、姥子駅の索道敷地にモミジ、ミツバツツジの修景植栽を実施しました。
 これからも、「車窓景観修景計画」を推進し、お客さまにより満足いただける車窓景観との出会いを提供していきたいと考えています。

鉄道法面の環境評価

法面の調査

法面の調査

オオキンケイギクの防除調査

オオキンケイギクの防除調査

 2003年度に多摩地区の鉄道法面(線路周辺の土手部分のこと)の生態学的な調査を行ったところ、タチツボスミレ、ノハラアザミなど里山で見られる植物が数多く生育し、安定した多年生草地となっております。また、東京都版レッドデータブック※に掲載されているショウリョウバッタモドキやニホントカゲの生息が確認されるなど、生物多様性の観点から貴重な場となっていることが判明しました。さらに、周辺地域の環境レベルとその分布状況を示す「生態ポテンシャル図」から、鉄道法面の緑地が、周辺緑地との生態的ネットワークを構成していくうえで重要な場所に位置していることが分かりました。
 また、鉄道敷地内において、外来生物法の特定外来生物に指定されているオオキンケイギクの生育が確認され、生育エリアの実態調査および防除方法に対するモニタリング試験調査を実施しました。
 こうした調査結果に基づき、鉄道法面がもつ生態的な機能をできる限り保全できるよう、効果的な維持管理方法について検討しています。

※ 絶滅のおそれのある野生生物の情報を取りまとめたガイドブック

里山の保全

下草刈り作業の様子

下草刈り作業の様子

 小田急線沿線に未利用のまま残されている黒川地区や向ヶ丘遊園跡地の社有地において、雑木林に密生しているアズマネザサの下刈りやモウソウチク林の間伐などの環境保全活動を実施しています。
 この活動は、社有地の自然環境の改善を図るとともに、活動を通じて参加者の環境意識を高めることを目的に実施しているもので、従業員やOBが自主的なボランティアとして参加しています。
 2009年度は12回実施され、車掌科養成教育における環境活動も含め、延べ343名が活動に参加しました。

植樹会・クリーンキャンペーンの実施

植樹会

植樹会

 小田急沿線の自然を守り、育むさまざまな活動を実施しています。
 その代表的な取り組みが、2001年度に宮ケ瀬湖畔にて開始した「小田急植樹会」です。2007年度には秦野菩提峠、2010年度には、秦野小原地区と開催場所を変え、継続して実施しています。この活動には、一般の方、小田急グループの従業員・OB、その家族が参加し、ミツバツツジ・ヤマザクラ・クヌギ・コナラなどの苗木を植樹しています。
 2009年度は荒天のため中止としましたが、後日、秦野市森林組合の協力を得て1,800本の植樹を行い、これまでに植樹した苗木は9,610本となりました。
 このほかにも、清掃活動を通じて、環境意識の向上を図る「小田急グループ・クリーンキャンペーン」を実施しています。2009年度は、江の島海岸と相模川で開催し、延べ688名が参加しました。