小田急グループ環境戦略

小田急グループ環境戦略 (2008年10月制定、2010年4月実施)

環境ビジョン

小田急グループは、環境に配慮した事業活動に努めるとともに、人に、地球に優しい商品、サービスを通じて、ゆたかなくらしの実現に貢献します。

個別戦略

戦略1環境意識に応える商品・サービスの充実
環境配慮商品・サービスを提供することで、お客さまのニーズを充足させる。
戦略2利用しやすい交通ネットワークの提供
環境に負荷をかける割合が低いという強みを活かし、公共交通の利用を促進する。
戦略3自然を楽しめる観光サービスの提供
沿線エリアの自然に気軽に触れ合える機会を提供することで、レジャーの場としての魅力を向上させる。
戦略4事業活動に伴う環境負荷の低減
環境負荷の低減に対する社会の要請に誠実に応え、環境に関わるリスクを低減する。
戦略5沿線エリアの環境保全
地域との協働により沿線エリアに広がる自然を保全し、沿線価値の維持・向上を図る。

環境マーク

小田急グループは、新宿を起点とする小田急沿線に広がる都市と自然の恵みをきちんと次代へ残し、伝えるために、できることは何かを考え、お客さまとともに一つずつ実行していきたいと考えています。

小田急グループでは、この環境マークを使い、環境への取り組みを皆さまにお届けします。

 

このマークは、地球を象徴する色であると同時に、小田急沿線の豊かな自然環境を感じさせる色ともいえる「みどり」と「あお」に着目し、沿線の豊かな自然を1枚の葉っぱに、社会とのふれあいや次代への想いを波紋で表現しています。