2010年8月9日:2010年度 教員の民間企業研修を実施しました。

8月4日(水)・5日(木)の2日間、横浜市内の小・中・高等学校の先生方5名の研修を行いました。これは、「財団法人 経済広報センター」が、「経済界と教育界のコミュニケーションの促進」のために、企業の様々な活動について理解を深め、その内容を子供たちへの教育活動に活用していただくことを目的に、毎年、各企業へ受入れを要請しているもので、当社では11年前から協力しています。

2日におよぶ研修の間、鉄道事業に関わる駅や司令所、電車区、車掌区の運転職場をはじめ大野総合車両所や検車区の保守担当職場を視察していただくとともに、こうした鉄道係員を養成する研修センターにて、車掌や運転士の業務の一部も体験していただきました。また、線路上空の人口地盤を活用した会員制の貸菜園「アグリス成城」や駅ビルの商業施設「成城コルティ」も見学いただきました。

この研修を通じて、当社の安全運行のための様々な取り組みや、鉄道マナーの大切さも実感していただくとともに、緑化活動や低騒音型機器の導入など環境への取り組みについても理解を深めていただくことが出来ました。

参加された先生方からも「実際に電車を動かす難しさに驚いた。」「環境や安全についての取り組みの重要さを、生徒にも伝えたい。」などの感想をお寄せいただくなど、有意義な2日間を過ごしていただけたと思います。