2010年11月17日:環境保全活動を「大山」にて実施しました

2010年11月5日(金)、当社沿線に広がる身近な観光資源の「大山」を大切にとの思いを込めた環境保全活動を実施しました。

この活動は、駅員・運転士・車掌などの職場が主体となる駅区所長連絡会と伊勢原市や大山観光電鉄(株)との連携により実施したもので、当日は、大山阿夫利神社の境内にて小田急グループのCSRと環境戦略について講話の後、「下社〜大山寺」「大山寺〜ケーブル口」の2班に分かれ、箒やビニール袋を手に清掃作業を行いました。

作業中、大山から眼下に広がる相模平野や駿河湾などの眺望は大変美しく、日本の原風景を見た思いを強くするとともに、清掃作業中に行き交う人々とのちょっとした会話のやりとりにやすらぎを感じ、あらためて環境保全の大切さと、豊かな自然を後世に伝えたいと思いました。