「冬の野鳥観察会」を開催しました。

 2月8日(水)に「小田急沿線自然ふれあい歩道(大和駅〜鶴間駅コース)」を利用して「冬の野鳥観察会」を開催しました。 当日は、小雪が舞い散る中、総勢60名の参加者が「日本野鳥の会 神奈川支部 県央地区ふれあい自然探鳥会」の引率により「ふれあいの森」と「泉の森」を散策し、同会ボランティアの皆さんから、木立や水辺に集う様々な野鳥の生態や行動について説明を受けました。

 中でも、引地川の源で大和水源地に広がる「泉の森」では、水辺の宝石と呼ばれている「カワセミ」に出会うことができました。そのほか、カモ類やサギ類など、冬に飛来する渡り鳥も含め、25種もの野鳥を観察することができました。

  コサギ
 
 
  カワセミ