2015年8月26日:小田急箱根高速バスとの合同企画「小田急箱根高速バス創立15周年記念 親子バス教室 in 箱根の自然」を開催しました。

 小田急箱根高速バス創立15周年を記念して、当社と小田急箱根高速バスが合同企画した「小田急箱根高速バス創立15周年記念 親子バス教室 in 箱根の自然」を8月21日(金)に開催しました。

 当日は、小学生とその保護者16組(32名)が、経堂および御殿場営業所に集合した後、15年ぶりに復活した小田急電鉄当時のレトロカラーバスに乗って、芦ノ湖周辺を巡りながら箱根の自然や歴史を学びました。

 箱根観光船内では、自然観察指導員から箱根山の生い立ちや大涌谷の火山活動について解説があったほか、箱根湿生花園では、仙石原湿原に生息する貴重な動植物や、虫を捕らえて生育する「ハエトリグサ」・「ウツボカズラ」など、展示中の食虫植物を観察しました。また、御殿場営業所では、高速バス車両の仕組みを学ぶ勉強会を行なうなど、バスと自然をテーマとした親子体験型のプログラムを実施しました。

 参加者からは、「バスの仕組みが理解できた」、「虫を食べる植物にびっくりした」、「ススキの綺麗な時期に、また来たい」など、体験を通じて学んだことや箱根の自然について感想が寄せられました。

  箱根湿生花園内の遊歩道
  ハエトリグサ
  食虫植物の観察会
  15年ぶりに復活した小田急電鉄当時のレトロカラーバス
  集合写真