2016年6月1日:「2016 農業体験教室」を開催しました。

 5月28日(土)、自然や環境をテーマとした親子体験イベントの一環として、神奈川県をはじめ、秦野市や「蓑毛(みのげ)里地里山保全地域を守る会」のご協力のもと、「2016 農業体験教室」を開催しました。参加された小学生とその保護者は、秦野市蓑毛地区の棚田において、「守る会」の皆さんから、苗の植え方や足の動かし方などの指導を受けた後、泥だらけになりながら田植えを体験しました。

 午後からは、「守る会」の活動拠点となっている古民家「緑水庵(りょくすいあん)」にて、わらを使って縄を“なう”「縄ない」に挑戦し、親子でお飾りをつくりました。子供たちからは、「泥の中の移動は大変だったけれど楽しかった」や「縄を“なう”のが難しかった」、また、保護者の方からは、「子供と一緒に貴重な体験ができた」や「農家の方の苦労が良くわかった」などの感想が寄せられました。

 次回の親子体験イベントは、6月25日(土)川崎市麻生区にて「2016 おだきゅう親子環境教室 in 新百合ヶ丘」を開催する予定です。

田植えの様子 田植えの様子
田植えの様子
縄ないを体験する様子 縄ないを体験する様子
縄ないを体験する様子
餅つき体験 餅つき体験
田植えを体験した棚田にて 田植えを体験した棚田にて

 「蓑毛里地里山保全地域を守る会」(神奈川県里地里山条例における活動協定認定団体)とは、地域貢献の作業奉仕や里地里山保全事業を通じて、蓑毛地区の貴重な自然環境を守る活動をしています。