2016年6月28日:「2016 おだきゅう親子環境教室 in 新百合ヶ丘」を開催しました。

 環境省が提唱する環境月間(6月)に、小田急グループと川崎市が協働して、小学生とその保護者を対象とした「2016 おだきゅう親子環境教室 in 新百合ヶ丘」を6月25日(土)に開催しました。

 午前中は、新百合ヶ丘駅で環境に配慮した駅の取り組みについて、同駅の駅長および副駅長から説明を受けたほか、小田急商事が運営するスーパーマーケット「Odakyu OX 万福寺店」において、食品残さや廃棄物をリサイクルしてブランド肉として販売している「優とん」やゴミの分別方法などについて学びました。

 午後からは、川崎市麻生区の「王禅寺処理センター資源化処理施設」へ移動した後、ゴミ処理施設や展示室を見学しながら川崎市によるゴミの収集・処理、リサイクルなどの取り組みについて学びました。また、地元の活動団体「3R推進プロジェクト」スタッフの指導により、廃食油を利用したオリジナルの「エコキャンドル」作りを体験しました。

 なお、夏休み期間中の小田急グループ「親子体験イベント」は、北欧トーキョー主催の「パン教室」を皮切りに、当社主催の「水辺の生き物教室」やFC町田ゼルビア協力の「親子サッカー教室&スタジアム見学」など15教室を予定しています。
詳しくは、ホームページ www.odakyu.jp/oyako[External] をご覧ください。

新百合ヶ丘駅での様子
Odakyu OX 万福寺店での様子
展示室・施設見学の様子
工作教室の様子
王禅寺処理センター内の王禅寺エコ暮らし環境館にて