2016年10月14日:「秦野市立宮永岳彦記念美術館」に「小田急コーナー」を開設しました。

 小田急電鉄では秦野市と連携し、10月14日から鶴巻温泉駅前の「秦野市立宮永岳彦記念美術館」に、「小田急コーナー」を開設しました。

 宮永岳彦画伯(1919年〜1987年)は、かつて秦野市のアトリエにて創作活動を行い、「光と影の華麗なる世界」と称される美人画や、企業のポスターやカレンダーなど、数多くの作品を残しました。

 その中でも、当社との関係は深く、1957年に就役した特急ロマンスカー3000形(SE)のカラーリングや内装に携わったほか、箱根、丹沢、江の島をはじめとする観光ポスターシリーズをはじめ、「武相旅情」、「車窓の春」などの小冊子の表紙絵など多くの作品を手がけました。

 今後は、宮永画伯と縁の深い秦野市と当社が連携し、宮永画伯による小田急関連の旅客誘致ポスター、車内誌などの作品、および小田急特急ロマンスカー3000形(SE)などの歴代ロマンスカーの写真や模型を「小田急コーナー」において常設展示します。
なお、この「小田急コーナー」開設を記念して、以下のイベント・キャンペーンを実施します。

〔1〕写真・資料展「小田急と秦野」の開催

 昭和2年の小田急小田原線開通以来、深い関わりを持ち続けている小田急電鉄と秦野市の歴史を振り返るとともに、歴代の特急ロマンスカーなどを紹介する写真や資料等を展示します。

会  期10月14日(金)〜10月23日(日) 10時〜17時
会  場宮永岳彦記念美術館市民ギャラリー 入場無料

〔2〕小田急コーナー開設記念キャンペーンの実施

 開設を記念し、10月30日(日)まで美術館宮永作品常設展示室の来館者に、小田急電鉄からノベルティを進呈します。

秦野市立 宮永岳彦記念美術館
住  所神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2(小田急線鶴巻温泉駅下車徒歩2分)
電  話0463-78-9100
開館時間10時〜19時 ※入館は18時30分まで
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月2日)
観 覧 料宮永作品常設展示室は300円(高校生以下は無料)
秦野市立宮永岳彦記念美術館 秦野市立宮永岳彦記念美術館
「新型特急ロマンスカー」ポスター 「新型特急ロマンスカー」ポスター