2017年6月23日:「2017 おだきゅう親子環境教室 in 町田」を開催しました。

 環境省が提唱する環境月間(6月)に、自然や環境をテーマとした親子体験イベント「2017 おだきゅう親子環境教室 in 町田」を6月17日(土)、小田急グループと町田市が協働して開催しました。

 当日、参加した小学生とその保護者29組(58名)は、現役の運転士から、軽量化されたステンレス車両の特徴や電力消費を抑える「エコ運転」への取り組みなどについて説明を受けました。また、小田急百貨店町田店では、ゴミの分別方法や電力・空調を集中管理する中央監視室の見学など、小田急グループの環境に対する取り組みについて学びました。

 午後は、町田市役所庁舎において、排気ガスを出さず環境に優しい水素自動車や、荷室を外から見ることができるスケルトンごみ収集車の構造を見学したほか、水素で動くミニカーやオルゴールなど、実験を通じて次世代のエネルギーとして注目される「水素」について親しみを深めてもらいました。

 なお、小田急グループでは、今年の夏休みにも「水辺の生き物教室」や「環境教室“電車と駅のエコの秘密”」のほか、スポーツ教室や当社・グループ各社のお仕事体験などの「親子体験イベント」計15教室を予定しています。

 詳しくは、ホームページwww.odakyu.jp/oyakoをご覧ください。

現役の運転士による講義の様子 現役の運転士による講義の様子
小田急百貨店町田店での様子 小田急百貨店町田店での様子
水素自動車やスケルトンごみ収集車を見学する様子 水素自動車やスケルトンごみ収集車を見学する様子
水素を利用した実験の様子 水素を利用した実験の様子
町田市役所庁舎前にて 町田市役所庁舎前にて