環境コミュニケーションの基本的な考え方

当社の環境活動を「ODAKYU 会社要覧」(冊子)と本WEBサイト「環境報告書2011」で公開しているほか、小田急沿線の自然観察会の開催、各種イベントへの参加などを通じて幅広いステークホルダーの皆さまと環境をテーマとしたコミュニケーションを図っています。

WEBサイトを通じて情報発信しています。

2001年度に「環境報告書」として発行を開始し、その後名称を「小田急 社会的責任レポート」に変え、環境への取り組みだけではなく、当社および小田急グループ各社の社会的責任を果たすための取り組みをテーマに、具体的な事業活動や、それらの活動のベースとなる考え方などを紹介してきました。

また2010年度より、インターネット利用の一般化などを考慮し、冊子「小田急 社会的責任レポート」の発行を中止するとともに、CSRに関する情報発信を行う本WEBサイトの改善を行い、当社および小田急グループ各社の環境活動について幅広く紹介しています。

報告書配布部数

年度 報告書
2002年度 5,000部
2003年度 7,000部
2004年度 8,000部
2005年度 8,000部
2006年度 15,000部
2007年度 15,000部
2008年度 15,000部
2009年度 15,000部

自然観察会を実施しています。

自然観察会
自然観察会

小田急沿線の自然豊かな場所や「小田急沿線自然ふれあい歩道」を活用して、自然解説員が同行する自然観察会を実施しています。

観察会は、自然とふれあい、自然の素晴らしさを直接体感していただくばかりでなく、自然解説員による自然の中に潜む不思議な事柄や自然と人々の暮らしとの関わりなどの説明を通じて、自然を保全することの大切さを理解していただく、沿線住民皆さまとの貴重なコミュニケーションの場となっています。

2010年度は季節に応じた自然観察会を4回実施いたしました。

「アースデイ東京2010」に出展しました。

「アースデイ東京2010」当日の様子
当日の様子

2010年4月17日・18日、代々木公園で開催された「アースデイ東京2010」に当社と(株)小田急百貨店が協賛企業として参加しました。

当日は当社がブースを出展し、環境に対する取り組みの紹介や、会員制貸菜園「アグリス成城」による種苗、「モンド・セレクション2010ビール、水ならびソフトドリンク部門」金賞を受賞したナチュラルミネラルウォーター「箱根の森から」や、(株)小田急百貨店が製作したチャリティーTシャツを販売しました。

また、小田急グループの食品循環資源(食品廃棄物)を飼料としてリサイクルする「ループリサイクル事業」の取り組みについても紹介しました。

環境に配慮した取り組みの推進(環境報告書2011)