カーボンオフセットを活用したサービスを提供しています。

割引周遊券「箱根旧街道・1号線きっぷ」

カーボンオフセット証明書
カーボンオフセット証明書

小田急電鉄(株)、箱根登山鉄道(株)、箱根登山バス(株)では、2008年9月1日より、カーボンオフセットを導入した周遊券「箱根旧街道・1号線きっぷ」の発売を開始しました。この周遊券は、利用時に鉄道・バスが排出すると想定されるCO2排出量をカーボンオフセットを利用し、実質的にゼロにするもので、カーボンオフセットにかかる費用は3社が負担しています。

2010年度は、この周遊券の販売により約70トンのCO2をオフセットし、京都議定書における日本の目標達成に貢献しました。

この取り組みはカーボンオフセットを活用した日本初の周遊券であり、本業を活かした環境配慮サービスとして評価され、2009年11月24日、第6回エコプロダクツ大賞エコサービス部門エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞しました。

バス通勤定期券「グリーンエコパス」

神奈川中央交通(株)では、2009年3月25日より、企業など法人向けの通勤6ヶ月定期券「グリーンエコパス」を発売しています。これはマイカー通勤からバス利用への転換を図るために、通常の通勤定期券よりも割引率を高めバスを利用しやすくすることで、マイカー利用時に発生するCO2の削減を目的としています。また、同定期券はバス定期券では日本で初めて「カーボンオフセット」を導入し、2010年度はこの「グリーンエコパス」の販売により142トンのCO2をオフセットし、京都議定書における日本の目標達成に貢献しました。

箱根旅行商品「箱根でおしゃべり」

(株)小田急トラベルでは、カーボンオフセット付旅行商品「箱根でおしゃべり」という宿泊とロマンスカーのセットプランを発売しています。これは、お客さまがロマンスカーをご利用する際に排出されるCO2を算出し、オフセットをするものです。2010年度は、この旅行商品の販売により約3トンのCO2をオフセットし、京都議定書における日本の目標達成に貢献しました。

カーボンオフセット付ハイブリッドバス

ハイブリッドバス
ハイブリッドバス

小田急バス(株)では、従来車よりもCO2排出量を大幅に低減することができる環境に優れたハイブリッドバスの導入を進めています。

また、2010年2月に導入したハイブリッドバスには、CO2排出量に対応したカーボンオフセットを1年間付し、CO2排出量を実質的にゼロにするバスとして運行しました。

なお、2010年度末までのハイブリッドバスの導入台数の合計は5台となっております。

カーボンオフセット付ハイブリッドバス

グリーン電力を活用しています。

あじさい電車
あじさい電車

小田急グループでは、自然エネルギーにより発電される「グリーン電力」を活用することで、使用する電力に伴うCO2排出量を実質的にゼロにする活動を進めています。

社名 グリーン電力利用対象 利用電力 利用期間
箱根登山鉄道(株) あじさい電車:あじさいのライトアップ照明 5,000kWh 2010.6.18~7.11

環境に配慮した定期券制度を導入しています。

環境定期券

箱根登山バス(株)では、市街地域でのマイカー利用を抑制し、渋滞緩和や地球温暖化対策に貢献するため、2010年3月より、通勤定期券を「環境定期券」と位置づけ、箱根登山バスの通勤定期券をお持ちの方と同伴される同居のご家族の方を対象に、土休日などに割引運賃にてご乗車いただける制度を開始しました。

鉄道定期券で環境寄付金(寄付金)

江ノ島電鉄(株)では、5月から11月までの定期乗車券発売枚数に応じて、1枚につき100円を沿線の自治体である藤沢(環境基金)・鎌倉(一般廃棄物処理施設建設基金)の両市に寄付し、地域の環境保全に役立てていただきました。寄付金はそれぞれ105万6,500円となりました。

小田急環境優品を販売しています。

環境良品マーク
環境良品マーク

(株)小田急百貨店では、小売店の特性を生かして環境に配慮した商品の販売に努めています。

(株)小田急百貨店では、同店が策定した「省エネ商品である」「リサイクルしやすいもの」など7項目の選定基準をクリアした商品を、環境に配慮した『小田急環境優品』として、小田急百貨店オリジナルの環境優品マークの入ったPOPやショーカードをつけて販売しています。

環境共生住宅および環境に配慮した住宅を分譲しています。

リーフィア新松田
リーフィア新松田

小田急不動産(株)では、2005年度に東京都八王子市において、(財)建築環境・省エネルギー機構が認定した「小田急不動産の環境共生対応住宅」システム供給型を用いて、「小田急elタウン南大沢フロンティア」の供給を行いました。設備機器には、太陽光発電システム、エコキュート、雨水貯留槽などの省エネルギー設備を取り入れました。

その後も環境に配慮した住宅を継続的に商品化しており、2007年度には、神奈川県川崎市において、太陽光発電システムによるオール電化、ディスポーザーを装備した「コモドーレはるひ野」を分譲しました。

また、2008年度にも神奈川県足柄上郡松田町において、オール電化を採用した「リーフィア新松田」を分譲しています。

キャンドルナイトを実施しています。

キャンドルナイト
キャンドルナイト

(株)ホテル小田急サザンタワーでは、環境省が定める「地球温暖化防止月間」である2010年12月3日より、毎月第一金曜日の19時(6月から8月は20時)から30分間、小田急ホテルセンチュリーサザンタワー20階ロビーおよびラウンジ&バー「サウスコート」にて"キャンドルナイト"を実施しています。

新潟県の野生トキの復興に協力しています。

小田急商事(株)では、新潟県の野生トキの復興に協力し、当社佐渡米1キロ販売につき3円を「新潟県トキ保護募金推進委員会」に寄付しています。2009年度までの募金額の累計は約832千円に達しています。

環境に配慮した取り組みの推進(環境報告書2011)