2011年度の実績について

当社では、小田急グループ環境戦略に基づき、3カ年の中期目標である「環境目的」およびその達成のための単年度目標である「環境目標」を設定し、環境活動を推進しています。

小田急グループ環境戦略に基づく、3カ年(2010年度から2012年度)の中期目標「環境目的」について

小田急グループ環境戦略 2010年度~2012年度までの中期目標「環境目的」
戦略1 環境意識に応える商品・サービスの充実 環境配慮商品・サービスの充実
戦略2 利用しやすい交通ネットワークの提供 公共交通の利用促進
戦略3 自然を楽しめる観光サービスの提供 自然環境を活かした観光サービスの提供
戦略4 事業活動に伴う環境負荷の低減
  • 省エネルギー・資源有効利用の促進
  • 新技術等の研究・活用
  • 環境に配慮した開発・工事
  • 騒音振動対策の推進
  • 有害物質の適正管理・処理
  • 環境関連規制に対する取り組み
  • 環境に配慮した購入・調達
  • 職員の教育・啓発
戦略5 沿線エリアの環境保全 環境保全活動の推進

単年度目標の実績について(2011年度の単年度目標の実績)

戦略1 環境意識に応える商品・サービスの充実

2011年度 環境目標 2011年度 実績
  • ○ 事業特性を活かした環境配慮商品・サービスの提供
  • ○ グループ各社との協働による環境配慮商品・サービスの提供
カーボンオフセットを導入した周遊券「箱根旧街道・1号線きっぷ」を16,831枚発売(オフセット量 前年比4.3%増)
「新宿テラスシティイルミネーション'11-'12」に使用する電力を全てグリーン電力(10,000kWh)で実施
ナチュラルミネラルウォーター「箱根の森から」の販売を通じ、箱根の自然環境保全活動に貢献(2011年度の売り上げに対する寄付金額は、2,197,896円) 累計寄付金:7,082,976円

戦略2 利用しやすい交通ネットワークの提供

2011年度 環境目標 2011年度 実績
  • ○ 鉄道の環境優位性を活かした取り組み
  • ○ 官公庁等による公共交通利用促進施策への協力
  • ○ 公共交通に関する情報提供の推進
バス(神奈中バス・小田急バス)と鉄道(小田急線)の乗り継ぎ情報システムの車内広告等による認知拡大
首都圏の交通機関をシームレスに1枚で移動できるICカード「PASMO」の利用促進
smart move(スマート・ムーブ)賛同企業としてエコプロダクツ2011の中で、公共交通の利用促進を図るため当社および小田急グループの取り組みをパネルにて紹介
公共交通の利用促進を目的に、小田急百貨店と協働で「パークアンドライド」の推進 14,071件(利用率 対前年3.9%増)

戦略3 自然を楽しめる観光サービスの提供

2011年度 環境目標 2011年度 実績
  • ○ 自然ふれあい歩道を活用したサービスの提供
  • ○ 沿線観光地の自然環境資源を活用したサービスの提供
2012年3月「小田急沿線自然ふれあい歩道」の70コースの駅置きチラシを66駅の関連駅に設置。また、2012年3月末よりスマートフォン用アプリ立ち上げ。ホームページにおいては、適宜、新しい情報を更新
2012年1月「小田急沿線自然ふれあい歩道」の70コースの中から桜を楽しめる旬の3コースを紹介するリーフレットを全駅で配布
小田急グループ各社と共同で小田急沿線の箱根・大山・鎌倉・伊豆や富士山などのハイキングコースを歩く「のんびりハイク&ウォーク」を開催

戦略4 事業活動に伴う環境負荷の低減

2011年度 環境目標 2011年度 実績
  • ○ 電力使用量の削減
  • ○ 燃料使用量の削減
  • ○ 水使用量の削減
  • ○ 事務用紙・事務用品使用量の削減
  • ○ ゴミ分別、リサイクルの促進、廃棄物削減
  • ○ 省エネルギー運転の研究と推進
  • ○ 環境に配慮した機器の更新
  • ○ 太陽光発電の検討・導入
  • ○ 環境に配慮した運転ダイヤの計画・実施
  • ○ 電力削減方法の研究
●鉄道部門における使用電力量 354,816千kwh(対前年6.6%減、25,089千kwh減)
  • ・ LED式信号機導入 47基
  • ・ LED式側面行先表示器の消灯制御 8編成 導入率:56.6%
  • ・ 車内照明LED化の研究(通勤車両車内LED化実証実験中)
  • ・ 車両遮光ガラスの使用拡大 876枚 導入率:56.0%
  • ・ 省電力タイプ駅務機器の開発と導入 56台
  • ・ 運転操作の工夫による省エネルギー運転(エコ運転)の研究と推進
●生活サービス部門における使用電力量  82,338千kwh(新規物件を除いた場合 対前年16.0%減)
  • ・ 照明LED化工事(各商業物件)
  • ・ 遮熱対策工事(新宿ミロード、新百合ヶ丘エルミロード、成城コルティ、ビナウォーク)
  • ・ 省エネ配慮型への熱源更新工事(新宿駅西口駅前ビル(小田急ハルク))
●本社における使用電力量 3,876千kwh(対前年10.6%減、458千KWh減)
●エネルギー等投入量 4,519,486GJ(対前年7.4%減、361,765GJ減)
●事務用紙使用量 9,886千枚(対前年13.3%増、1,162千枚増)
●リサイクルの促進 8,258トン(対前年13.6%減、1,304トン減)

・ 工事関係資材などのリサイクル

レール
935トン(リサイクル率100%)

電線屑
113トン(リサイクル率100%)

金属屑
491トン(リサイクル率100%)

・ 廃車車両のリサイクルの促進 1,268トン(対前年15.7%減)

●騒音・振動の低減
  • ・ 低騒音形コンプレッサーへの更新 (新造3編成、更新4編成) 導入率:70.0%
  • ・ 全密閉式主電動機の導入 (新造3編成、更新4編成) 導入率:24.1%
●廃棄物の適正処理
  • ・ 微量PCBの適正処理(69,492リットル)

戦略5 沿線エリアの環境保全

2011年度 環境目標 2011年度 実績
  • ○ 保有する山林の健全化
  • ○ 地域との協働による環境保全活動の推進
  • ○ 生物多様性への取り組み
里山保全活動を8回実施し、延べ122人が参加
相模川、江の島にて「小田急グループ・クリーンキャンペーン」を開催。合計で607名が参加
秦野市森林組合の協力を得て秦野小原地区でクヌギ、コナラを合計で800本の植樹を実施

環境負荷データに関する開示範囲について

2010年度に実施された省エネ法、東京都環境確保条例等の改正を機に、当社のエネルギー管理体制および環境マネジメントシステム(EMS)の推進体制の見直しを図り、環境負荷データの開示範囲については、EMS推進体制の対象事業所(本社屋、および原則5名以上の従業員が在席している事業所)としています。

環境マネジメントシステム(EMS)

2011年度対象事業所一覧

環境に配慮した取り組みの推進(環境報告書2012)