小田急沿線の自然を保持し、お客さまと分かち合うために——。

より暮らしやすい沿線環境づくりのために、沿線に広がる豊かな自然を守り、生態系を見守る「自然との共生」活動に取り組んでいます。そして、自然の恵みをお客さまとともに楽しみたいと考えています。

小田急沿線での「自然との共生」への取り組み(イメージ)

小田急沿線での「自然との共生」への取り組み(イメージ)

例えば、線路に沿った傾斜地には、里山で見られる植物が数多く生育し、多様な生態系を築くなど、小田急沿線は自然環境に恵まれています。私たちは、こうした自然環境を大切に守り、同時に自然の恵みを沿線住民の方々と一緒に持続的に受けられるよう、自然との共生に取り組んでいます。

また、「小田急沿線 自然ふれあい歩道」のコース選定をはじめ、より多くの方々が自然に触れ、その豊かさを感じていただく機会や情報を提供する活動も、私たちの重要な役割だと考えています。

今後も、自然環境からの恵みを、沿線にお住まいの皆さまと共に味わい、楽しむ取り組みを、継続的に実施していきます。

小田急沿線 自然ふれあい歩道

世田谷代田駅~下北沢駅コース
世田谷代田駅~下北沢駅コース

豊かな自然に恵まれている小田急沿線には、身近にありながらあまり知られていない魅力的な自然資源や文化財が数多く点在しており、小田急線の駅を起・終点にし、これらの見どころを気軽に楽しんでいただくための散歩道「小田急沿線 自然ふれあい歩道」を70コース選定しています。その中には、富士山が展望できるコースも多々あり、四季折々の姿が楽しめます。

各コースを紹介するチラシをコースの起点・終点となる駅に常設し、自然とふれあい、その素晴らしさを実感していただけるよう情報提供しています。

当社では、これらのコースの見どころ情報やコースを巡回していただく沿線にお住いのサポーターの皆さんから報告される旬な情報を当社のWEBサイトやスマートフォン用アプリで紹介しています。

スマートフォン用アプリの提供

スマートフォンによるコースマップ
スマートフォンによるコースマップ

2012年3月より、沿線エリアや季節・花の種類からのコース検索やGPSと連動して地図を見ながら散歩できるアプリの提供を開始。

各コースのマップや見どころを紹介したコース別のチラシの常設化

コースガイドのチラシ
コースガイドのチラシ

当社線70駅中、東北沢駅、生田駅、栢山駅、東海大学前駅を除く66駅に、それぞれの駅を起・終点とした「小田急沿線 自然ふれあい歩道」のコースを紹介するチラシを常設。

自然観察会

野鳥観察会

沿線に広がる豊かな自然を体感してもらうため、「日本野鳥の会・神奈川支部」のご協力の下、2017年2月に「野鳥観察会」を開催しました。当日は、六会日大前駅をスタートとする「小田急沿線 自然ふれあい歩道」のコースを散策しながら、藤沢市の境川沿いや、県立境川遊水地公園で、水辺に集う野鳥たちの生態を観察しました。絶滅危惧種に指定されている「オオタカ」「イカルチドリ」を含めた34種類もの野鳥を観察することができました。

自然をテーマとした親子体験イベント

水辺の生き物教室
水辺の生き物教室

沿線に広がる身近な自然を感じながら、農業の役割や里山保全の大切さを親子で学んでいただくイベントを、神奈川県をはじめ、地元自治体や活動団体とともに2016年度は、4回開催し、小学生とその保護者、計116組232名にご参加いただきました。

まず5月には、秦野市蓑毛(みのげ)地区において「蓑毛里地里山保全地域を守る会」と協働して、棚田で田植えを体験する「農業体験教室」を開催しました。

また、小田原市東栢山地区においては、「金次郎のふる里を守る会」とともに7月に水田の水中生物を観察する「水辺の生き物教室」を、10月にサトイモやサツマイモの収穫を体験する「秋野菜の収穫教室」を開催しました。

11月には、川崎市黒川地区において「黒川里地里山保全会」と協働して、竹の切り出しや、カブトムシの幼虫探しなどを体験する「里山の観察会」を開催しました。

小田急のんびりハイク&ウォーク

小田急のんびりハイク&ウォーク」は、当社やグループ各社の沿線で実施しているウォーキングイベントです。沿線の自然に親しんでいただけるコースは、初心者・ファミリー向けから健脚者向けまで幅広くご用意。2016年度は、26コースを開催しました。参加総数は約17,000名でした。

アグリス成城

2007年、成城学園前駅の駅前に総面積5,000平方メートル、307区画の会員制貸菜園「アグリス成城」を開業しました。この施設は、従来、コンクリートがむき出しとなっていた線路上の覆蓋部(ふくがいぶ)を土や緑で覆われた菜園にしたことにより、ヒートアイランド現象の緩和にも寄与しています。

眺望豊かなラウンジがあるクラブハウスが併設されており、農具、種苗や栽培資材を取り揃えておりますので、手ぶらで気軽に土に親しめ、野菜の栽培を楽しめます。また、ラウンジではカルチャースクールを開催し、野菜作りや植物の楽しみ方を提案しています。

環境に配慮した取り組みの推進(環境報告書2017)