コラム

家事代行サービス
2021/01/22

もう家事したくない!仕事や育児で疲れて家事ができないときの解決策

仕事や育児で疲れて、もう家事をしたくない!と思うときもありますよね。

そんなときは、手を抜いてもOK。全て完璧にやろうとせず、楽をしてもいいのです。

そこで今回は、仕事や育児で疲れて家事ができないときの解決策をご紹介します。


家事をしたくない状態になってしまう理由

家事をしたくない状態になってしまう理由はさまざまです。ここでは主な理由を5つご紹介します。


育児や仕事で忙しい

育児や仕事で忙しいという方は多いはず。時間に余裕がないと、気持ち的にも余裕がなくなってしまいますよね。

家事は、食事の準備・片付けから洗濯、掃除、お子さんのいる家庭ならおもちゃを片付けたり保育園や小学校の支度をしたりと、やることがたくさん。気持ちに余裕がないと家事をしたくないという気持ちが出てきてしまうものです。


妊娠中で動きにくい

妊娠中は、動くこともしんどいときがあると思います。妊娠初期はつわりで動けないこともあるでしょうし、妊娠後期はおなかが大きくて動きにくいこともあるでしょう。初めての妊娠の場合は特に、慣れないことも多く、家事をしたくないと感じる方も多いのではないでしょうか。

体調が悪い

体調が悪くて、家事をしたくない・できない状態になることも。風邪などの一時的な病気だけでなく、持病が悪化して家事が困難なときもあるかもしれません。

家事がたまっている

家事は、やることが多いものです。そのため、家事が山積みになってしまい、何からやればいいのかがわからなくなってしまうこともあります。

理由は特にないけどやりたくない……

やりたくない理由が見つからないけど、とにかく家事をやりたくないときもあるのではないでしょうか。理由は特にないけどやりたくないという場合は、自覚がなくても心身ともに疲れているのかもしれません。


やりたくないけど頑張りたい!家事のやる気を出す方法

家事をする気になれないけど、なんとか頑張りたいというとき、どのようにやる気を出せば良いのでしょうか?

音楽をかけながらやる

好きな音楽やテンポの良い音楽をかけることで、気分が上がるものです。1曲終わるまでに洗濯物や机の上を片付けるなど決めると、早く終わらせやすくなりますし、ゲーム感覚で家事することができます。


ご褒美を用意する

家事が終わったあとのご褒美を用意するのもおすすめです。家事を全て終わらせたら奮発してちょっと高めのお菓子を食べるなどと決めると、家事もやりやすくなります。ちょっとしたストレス発散にもなるので、楽しいことが待っている!などとご褒美を決めてやってみてはいかがでしょうか。

自分を鼓舞させる

お掃除動画をみたり気持ちを奮い立たせたりして、モチベーションを上げてから家事に入るという方もいます。家事をやらずに放置しつづけた結果を想像してみて、モチベーションを上げるのも良いでしょう。自分の気持ちを奮い立たせて、モチベーションを上げることを意識した方がやりやすいという方にはおすすめです。

まずは5分だけでもやってみる

やり出すまでが面倒なことが多く、実際にやってみると意外とすんなりできてしまうということもあります。ひとまず、5分だけ気になる箇所をやってみるのはいかがでしょうか。洗濯物だけ片付ける、机の上だけ片付けるなどと決めてはじめてみましょう。今やらないとダメなことだけをやるのでもOK!まずはできるところから、少しずつはじめてみましょう。

もう今日は絶対に家事をしたくない!というときの対処法

絶対に家事をしたくない!という日は、無理にせず家事のハードルを下げるのもおすすめです。家事をしたくないというときの対処法をご紹介します。

お惣菜や冷凍食品を利用する

ご飯を作るとき、1から料理をしようとすると、余計に家事をしたくないと感じてしまうのではないでしょうか。全て作ろうとするのではなく、出来合いのお惣菜に頼ったり冷凍食品に頼ったりするのも1つの手段です。

外食する

お惣菜や冷凍食品だけではなく、外食も家事を楽にする1つの手段です。洗い物をする必要がなくなるので、家事を増やしてしまわない効果もあります。最近はテイクアウトも充実してきているので、おいしいご飯をテイクアウトして、お家で外食気分を味わうのも良いかもしれません。

便利家電に頼る

家事に便利家電を活用するのもおすすめ。ロボット掃除機や食洗器はもちろん、最近では自動調理器などの便利な家電が増えてきています。家電に家事を任せることで負担が減り楽になりますし、他の家事に時間を充てることもできるようになります。

時間があるときにやる

休日などの時間があるときに、まとめてやるのもおすすめです。特に体調が悪い場合は、無理に家事をするのではなく、ゆっくり休んで体調が良いときやるようにしましょう。

家事代行を利用する

ここまでご紹介した対処法を一通りやっていても、疲れて家事したくない状態だという場合には、家事代行の利用をおすすめします。

家事代行とは、その名の通り「家事を代理で行うサービス」のこと。炊事、洗濯、掃除などの基本的な家事はもちろん、買い物や部屋の片付け、ゴミ捨てや庭の草抜きなどの細かい家事も依頼可能です。

まとめ

今回は、疲れていて家事をする気になれないときの解決策をご紹介しました。

やることが多い家事は、疲れてやりたくないと思うときもあるものです。そういうときは、便利な家電に頼ったり、5分だけやってみたりと楽をしてみても良いのではないでしょうか。

ですが、洗濯物をたたむ、子どものおもちゃを片付けるといった細かい家事は、家電などでは対応しきれません。そんなときは、家事代行を利用して時間や気持ちに余裕をもたせるのもおすすめですよ。

 

小田急くらしサポートの家事代行の詳細はこちら!

WEBからのお問い合わせ