コラム

ハウスクリーニング
2021/02/22

引越し前のハウスクリーニングは必要?どこまでやるべき?

賃貸住宅から引越しをする際は、入居前と同じ状況に戻さなければなりません。
生活していくことによって汚れてしまったところ、汚れが落ちにくいところもあるのではないでしょうか。

そのため、清掃をハウスクリーニングへ依頼しようか悩んでいる方も多いはず。
とはいえ、どこまでキレイにすればいいのか、どのようにハウスクリーニング業者を選べばいいのか分からず、
困っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、引越し前のハウスクリーニングはどこまでやるべきなのかをご紹介します。

 

引越し前のハウスクリーニングは絶対に必要?

引越し前のハウスクリーニングは、絶対に必要というわけではありません。
敷金からクリーニング代として、引かれるため、事前に絶対にしておかなければいけないことはないのです。

ただし、汚れがひどい場合は、退去時に請求されるクリーニング費用がかさむことがあります
敷金の返金額が減ってしまう場合も…。

もし、油汚れやひどいカビなど、経年劣化以外の汚れがついてしまっている場合は、
事前にハウスクリーニングをしておくことをおすすめします。

 

引越し前のハウスクリーニングはどこまでやるべき?

キレイにしなければいけない場所は、入居者が負担する部分と貸主が負担する部分に分かれます。
ハウスクリーニングを依頼する際は、入居者負担となる汚れ部分を掃除してもらうことが大切です。

入居者負担の対象となるのは、掃除を怠ったことによる汚れ・劣化
などです。

例えば、コンロやレンジフードの油汚れ、水回りの垢やカビといった、生活していく上で汚れてしまった箇所をキレイにしなければなりません。

ただし、床や壁の日焼けによる変色や、家具を置いていたことによるへこみについては、
経年劣化と見なされるため、入居者の負担にはならないことが一般的です。

 

ハウスクリーニングは、家全体を依頼するケースもありますが、費用が高くつくほか、まとまった時間が必要となることが難点です。
引越しのピーク時期はクリーニング会社にも予約が多く入るため、日時の調整が難しいこともありえます。

そのような場合におすすめなのが、汚れが気になる部分や目立つ部分だけを依頼する方法です。
例えば、キッチンの油汚れだけはハウスクリーニングを頼む、トイレや浴室のガンコな汚れは
ハウスクリーニングを依頼する、といったようにピンポイントでクリーニングを依頼します。

賃貸住宅の退去時は、生活汚れがリセットされて入居前のようになっていれば良いといわれています。

自分でできる部分は掃除を行い、汚れを落とすのが難しい部分はハウスクリーニングに任せれば、
費用も手間も最小限に抑えられるのでおすすめです。

 

トイレやキッチンなど部分的なハウスクリーニングの依頼は 小田急くらしサポート へ

https://www.odakyu.jp/kurashisupport/housecleaning/

 

ハウスクリーニング料金の相場

ハウスクリーニングの相場は、部屋の広さによって異なります。

 

【家全体をハウスクリーニングする場合の相場】

1R1K3万円~4万円

1LDK2LDK4万円~7万円

3LDK75000円~10万円

 

ハウスクリーニングの会社によって、料金は異なります。これは、掃除方法や掃除箇所が異なるためです。
例えば、床のワックス代が含まれていたり、水回りを重点的に行うプランだったりと、
基本プランに差があります。居住中か空室かでも、料金が変わる場合があります。

 

【部分的にハウスクリーニングする場合の相場】

キッチン:1万円~25000

トイレ:6000円~13000

浴室:1万円~2万円

洗面所:7000円~1万円

 

部分的に掃除を行う場合も、掃除の内容によって料金が異なりますので、どこまで掃除するのかを
きちんと決めておきましょう。
クリーニングの内容を事前に確認したり、他社と比べたりすることをおすすめします。

 

引越しでハウスクリーニングを依頼する際の注意点

引越し前にハウスクリーニングを依頼する際は、いくつか気をつけておきたいことがあります。

 

ハウスクリーニングを依頼する前に貸主・不動産会社に確認する

事前にハウスクリーニングを依頼したいと考えている場合、貸主・不動産会社に確認しておきましょう。もしかすると、貸主が指定するハウスクリーニング業者があるかもしれません。

また、クリーニングしたことを知らせずにいると、貸主が気づかずにハウスクリーニング代を
請求してくることもありえます。事前に連絡をしておいたほうが安心でしょう。

 

ハウスクリーニングは、自賠責保険に入っている会社を選ぶ

故意ではなくても、クリーニング中に設備や壁などが破損してしまう恐れがあります。
こうしたクリーニング中の事故を保証してもらうために、自賠責保険に入っている
ハウスクリーニング業者を選ぶことをおすすめします。

空室の状態で依頼する

荷物が残ったままだと、掃除がしにくくなってしまいます。家具や荷物が残っていると掃除が難しい箇所が出てくるほか、
無駄な時間がかかってしまいます。
荷物の移動に時間がかかってしまうとクリーニングのクオリティーに影響が出る可能性もありますし、
移動やクリーニング中に家具や荷物の破損・故障などが起こる可能性もゼロではありません。

上述のような自賠責保険に入っているハウスクリーニング業者を選べば補償はしてもらえますが、
限定品や手作り品など再購入が難しいものもあるでしょう。
ハウスクリーニング当日までには、部屋にあるものをすべて片付け、空室の状態にすることをおすすめします。

 

見積りの詳細を出してくれる会社を選ぶ

いくつかのハウスクリーニング業者に家の状態を相談して、見積りを出してもらうことをおすすめします。
値段やサービス内容で決めると良いでしょう。

見積りを出してもらう際は、どのサービスがどのくらいの値段なのか、詳細を出してくれるかどうか確認しておきましょう。

 

ネット上で見積りのシミュレーションができるサイトもあるので、おおよその費用を知りたい場合には
活用してみてくださいね。

お見積りの依頼もできる お問い合わせフォーム はこちらから
https://kurasapo.odakyu.jp/webapp/form/21943_zlgb_8/index.do

まとめ

今回は、引越し前のハウスクリーニングについてご紹介しました。


引越し前のハウスクリーニングは、必須というわけではありません。
ただし、退去の際に汚れがひどいとクリーニング代がかさんでしまうことも。そのため、事前にハウスクリーニングを依頼しておくと安心です。

ハウスクリーニングでは、全体だけではなく部分的なクリーニングも行っています。
引越し前に掃除したけど、あそこの汚れが気になる…という方は、ぜひご依頼ください。

 

引越し前のハウスクリーニングの依頼はぜひ 小田急くらしサポート へ!

https://www.odakyu.jp/kurashisupport/housecleaning/

 

WEBからのお問い合わせ