コラム

家事代行サービス
2019/12/18

家事代行を使い始める前と、使ってみた後で気持ちや状況に変化はあった?利用してる方々の気持ちを徹底調査!

まだ家事代行を使ったことがないという方には、「家事代行ってお高いものだし…」「知らない人を家にあげるのって大丈夫なのかな…」と不安はつきないでしょう。
家族や友人が家事代行を利用していて、実際利用してみてどうか、生の口コミを聞けるなら安心できますが、なかなか話題にあがらなかったり、聞きにくかったりもするかと思います。

そこで、今回は実際に家事代行を利用している方々に、利用してみた後の気持ちを聞いてみました。
実際に利用してみてどうだったか、本音を聞いてきましたので家事代行の利用検討にお役立てください。
 

家事代行を使い始める前と、使ってみた後で気持ちや状況に変化はあったのかを、実際に利用した方々に聞いてみました!

家事代行を利用する前と、利用した後で、家事代行に対する印象に変化があったのか、実際に利用している方々にアンケートをとってみました。 
家事代行の利用前後で、家事代行に対する印象は「変わっていない」「あまり変わっていない」という方は合わせて2割程度でしたが、心や環境が「変わった」「やや変わった」という方が合わせて8割以上にもなりました。 

家事代行に対する印象に変化があった方々は、具体的にどんな変化があったのでしょうか?

変化があったと回答した方がとても多くなりましたが、具体的にどんな変化があったのでしょうか。
変化の内訳についても聞いてみたので、ネガティブな変化と、ポジティブな変化と分けてご紹介していきます。
 
まずは僅かにあったネガティブな変化の内訳からご紹介します。
家事代行を利用した後の印象の変化として、「会社によってレベル感に違いがある」「自分でやったほうが良い」「思ったより汚れが落ちない」「こだわりがあると精神的にくる」というご意見がありました。

・掃除の仕方、洗濯の仕方等々で、何者かの人と接したが、掃除のレベルひとつとっても各社まちまちで、レベルの相違を痛感した(男性・77歳)
・ふたつ利用したが、一方は凄く良くて困った時はここしか考えられないと感じた。もう一方は、説明の段階から嫌な気持ちにさせられ、全くきれいにもならず全てにおいて酷かった(女性・48歳)
・大変助かるが、やり方や置き位置など自分が気にしすぎるため、自分のメンタル的にはもう利用しない方がいいという思いです(女性・31歳)

家事代行を担当するのは掃除のプロとはいえど人間なので、対人としての相性もあるのだと思います。
もしも相性の悪いスタッフがついてしまったときには、変更など掛け合ってみるのも良いかもしれませんね。

見ず知らずのスタッフが家具を触ったり、掃除のために移動したりすることが嫌という方もいらっしゃいます。
それでも家事代行を依頼している方は、事前に家具を移動しておくなど工夫をしているそうです。
 
ポジティブな変化としては、スタッフに対して「プロとして技術が長けている」という気持ちが増したという回答が最も多くなりました。
次いで「気持ちよく生活できる」「アウトソースすることが大事」、「気軽に頼んでも良い」など気持ちの変化があったようです。
 

プロとして技術が長けている

・単なる掃除をするだけだと思っていたが、こびりついた汚れも落ちていて、その出来栄えに満足しています(男性・52歳)
凄く良くて困った時はここしか考えられないと感じた(女性・48歳)
・プロにはプロにしかできないことがあるんだと分かった(女性・44歳)
・同じ家事でもプロの技と手際の良さはすごいなと思いました(女性・55歳)

ポジティブな変化の中で、他の変化に大きく差を付けたのが「プロとして技術が長けている」という印象の変化です。
自身の時間を削ることで綺麗に掃除ができるため、家事代行には頼らないという方ももちろん多くいらっしゃいます。
もともと家事代行には頼りたくなかった方でも、いざ家事代行を利用してみると、高度な研修を受けたプロの技術で自分で掃除をするよりもはるかに綺麗に仕上がることを実感しているようです。
 

気持ちよく生活できる

・時間に余裕がなくてもきれいなまま生活できる(女性・23歳)
・綺麗になって清々しい気分になる(男性・39歳)


次いで多くなったのが「気持ちよく生活できる」という印象の変化でした。
仕事や育児で忙しく、ついつい掃除を後回しにしてしまうと、ホコリのせいか、家全体の空気が悪くなった気がします。
空気の良い環境で生活することは、体調や精神状態をよりよく保つことにも繋がります。
家族が気持ちよく生活できるように、定期的に家事代行を利用してみるのも良さそうですね。
 

アウトソースすることが大事

・自分ではどうしようもないとき、アウトソースをすることも大事であること。今までは、無理をしてパンクしてしまっていたから、気づけてよかった(女性・38歳)
・自分でやるのが無理なときは、やらずに頼むという選択肢ができて気持ちがラクになりました(女性・42歳)
・任せるところは専門家に任せた方が良いと思った(男性・42歳)


専業主婦であっても、全ての家事や育児をひとりで請け負ってしまうと大変ですよね。
自分ばかり、と思ってしまうと気持ちも滅入ってしまいます。
日頃の疲れが爆発して家族の関係にヒビが入ってしまうなんて想像したくもないですよね。

体調が良くないときや、仕事の疲れが溜まっているとき、気分が優れないときなどは無理をせずアウトソースするという方針にするのも良さそうです。
1人で抱え込まず、まずは家事代行の利用を検討してみてはどうでしょうか。
 

気軽に頼んでも良い

・思ったよりも気軽に頼めるし、安かった(女性・30歳)
・初めは抵抗があったけれど、利用してみたらありだと思った(女性・35歳)
・ハイソで手が届かないイメージだったのが、自分にもなじみのある存在となった(女性・29歳)


家事や掃除は自分でするものという意識は誰にもありますが、お金を払って家事を依頼するという習慣がある人はなかなかいないかと思います。
でも、毎日、毎月とルーティーンで行う掃除もたまに休みたくなるときがありますよね。
無理に働くと気分がどんどん落ち込んでしまったり、片付け途中に物を壊してしまったりする危険性もあります。

少し疲れて休憩したいときや、気分的に家事をしたくないときには、ぜひ家事代行を気軽に利用してみてください。
最初はキャンぺーンなどを利用するのも良いですね。
 

思ったより安心して任せられる

・他人が来ることに抵抗があったけれど安心できるとわかった(女性・40歳)
・ドラマなどで悪いイメージしかなかったが、そのようなことは全くなかったです(男性・58歳)
・知らない人が家に入ってくる不安感が少しは軽減されました。専門の業者なので仕事は素晴らしかった(女性・35歳)


業者といえど、知らない人を家にあげるということで不安に思う方が多くいらっしゃいます。
しかし、そもそも家事代行は在宅中に訪問します。
例外として、定期でご契約の場合にのみ不在時に対応することは可能になっていますが、個人情報の保護も徹底しているので安心してご利用ください。 

心の余裕が持てた

・忙しくて家事がまともに出来ない日が続いたときにヘルプできる存在があることで心に余裕ができました(男性・47歳)
・お金はかかるが、プロにお願いして、気持ちが楽になった(女性・37歳)


日々忙しい中に家事や掃除があると気が滅入ってしまうときがありますよね。
特に夫婦ともに働いているご家庭は、なかなか余裕を持って家事をこなすことができずにいるのではないでしょうか。

家族にも頼れず、自身の時間や体力では家事をこなせないと思ったときには家事代行に頼ってみるのも良いかと思います。
ダメなときは頼る!と決めておくだけでも気持ちはずっと楽になります。
大変なときにはいつでもお呼びください。
 

日頃から掃除するようになった

・できるだけこの状態をキープしようと日頃からよく掃除するようになりました(女性・32歳)
・自分もしっかりしようと思いました(女性・35歳)
・正しい掃除の仕方が頭に入って、真面目に掃除出来るようになった(女性・41歳)


家事代行を利用することによって、プロの技や手際を間近で見ることができます。
それによって掃除の仕方を学んだり、家事へのやる気が芽生える方もいらっしゃいます。

一度綺麗になった環境はなるべく維持したいという考えから、一度家事代行を利用しただけで、それからはずっと綺麗な環境を保っているという方もいるのではないでしょうか。
家族の意識改革のために利用してみるのもひとつの手ですね。
手に負えないと思ったときには、一度だけ試してみるのも良いかと思います。



その他にも、「楽できる」「いざという時には頼んでも良い」「便利」などの変化もありました。
 

大変なときに気軽に頼める存在

家事代行を利用する前は、知らない人を家にあげるのが怖かったり、実際に綺麗になるのかと不安に思ってしまいます。
ですが、今回ご紹介したように、いざ利用してみると「良かった!」という声のほうが圧倒的に多くなっています。

最近では「名もなき家事」と呼ばれるように、家事には洗濯や掃除だけではなく、「元の場所に戻す」「物を移動する」など、小さな作業が多くあります。
この作業はなくなることはなく、毎日、無限にでてくるものです。
この作業だけに謀殺されて、大きな洗濯や掃除ができないこともよくあります。

日々の家事が大変だと思ったときには、気軽に家事代行を利用してみるのも良いかと思います。
まずはキャンペーンなどを利用して依頼するのがおすすめです。
 

WEBからのお問い合わせ