コラム

家事代行サービス
2021/06/25

買い物代行サービスとは?利用の流れや料金相場、注意点をご紹介

買い物代行サービスとは?利用の流れや料金相場、注意点をご紹介

 買い物代行サービスの利用を検討している方の中には、ご自分の家庭だけではなく、ご実家や義実家の親御さんたちの買い物状況が
気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

高齢になって体力が衰えてくると、これまでと同じようなペースで買い物することが辛くなります。親の買い物をどうサポートすれば良いのかは、離れて暮らす家族にとって悩みのタネでもあります。

 

今回は、高齢者にも共働き家庭にも人気のある「買い物代行サービス」について詳しくお伝えします。事前に情報を集めておけば、ご自分や親御さんが利用する時の参考になりますよ。

 

買い物代行サービスとは

まずは、買い物代行サービスとは何か、その特徴やメリットをご紹介します。買い物代行サービスの利用を検討している方の中には、ご自分の家庭だけではなく、ご実家や義実家の親御さんたちの買い物状況が気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

高齢になって体力が衰えてくると、これまでと同じようなペースで買い物することが辛くなります。
親の買い物をどうサポートすれば良いのかは、離れて暮らす家族にとって悩みのタネでもあります。

 

今回は、高齢者にも共働き家庭にも人気のある「買い物代行サービス」について詳しくお伝えします。
事前に情報を集めておけば、ご自分や親御さんが利用する時の参考になりますよ。

 

 

買い物代行サービスとは

 まずは、買い物代行サービスとは何か、その特徴やメリットをご紹介します。

 

依頼者の代わりに買い物をするサービス

買い物代行とは、代行サービスのスタッフが依頼者に代わってスーパーやお店に行き、指定されたものを買ってきてくれるサービスです。
サービススタッフは先に自宅を訪問し、買うもののリストや現金を受け取ってから買い物の代行をするのが一般的です。

 

他の家事とセットで利用できるケースも

 買い物代行サービスは、サービスの提供元によって利用できる範囲に違いがあります。

1つは買い物代行のみを依頼するケース、もう1つは買い物以外の家事(料理・掃除・片付け・洗濯など)とセットで依頼できるケースです。
前者の場合は買い物以外の家事を依頼することはできないため、注意しましょう。

 

買い物代行はどんな人が利用しているか

買い物代行は、仕事が忙しく買い物の時間がとれない「共働き世帯」からのニーズがあります。代行サービスを利用することで、休日にまとめて大量の買い物をする必要がなくなり、ゆっくり休めるようになったと喜ばれています。

 

また、「高齢者世帯」からの買い物代行ニーズも増えています。体力や筋力が衰えると、買い物に行くのが大きな負担になります。
また、近年は商店街や小規模店舗の撤退が増えたために買い物に困難を感じている「買い物難民」も社会問題となっています。

そんな高齢者世帯にとって、代わりに買い物をして重い荷物を運んでくれるサービスは、とても助かるのです。

 

共働きや高齢者以外には、「単身世帯」「子育て中の世帯」「妊娠中・産前産後」「病気・ケガをした時」など、買い物代行サービスの利用者は年々多様化しています。

 

買い物代行サービス利用の際の流れ

買い物代行サービスに申し込む時は、事前に依頼時の流れをチェックしておきましょう。予備知識があると質問や確認がしやすくなります。

 

電話やネットからの問い合わせ

 買い物代行サービス会社のHPに記載されている電話番号やお問い合わせフォームから、利用したいサービスの種類や希望日時などを伝えます。

 

②担当スタッフとの相談

担当スタッフが電話または自宅を訪問し、依頼者のニーズを聞き取って、サービスの詳しい説明やプランの提案、料金の見積もりなどを行います。

 

③依頼者は「買い物リスト」を作っておく

買い物代行サービスの利用が決まったら、当日のために「買い物リスト」を作成します。

 

④スタッフが買い物をする

 当日、買い物スタッフが自宅を訪問したら、買い物リストを渡します。買い物に必要な代金は、買い物リストと一緒に預けるパターンもあれば、スタッフが立て替えて後払いするパターンもあります。

買い物リストなどを受け取ったスタッフは、お店で指定された商品を買います。

 

⑤買った商品の受け渡し・確認

スタッフから買った商品を受け取り、買い間違いや不良品がないか確認します。代金を先払いしている場合はおつりを受け取り、後払いの場合はここで商品の代金などを支払います。

 

⑥支払い

買い物代行サービスの利用料金は、当日現金で手渡しするケースもありますが、クレジットカード、後払い決済、振込などで支払う場合もあります。
会社によって支払いの方法が違うので注意しましょう。

買い物代行サービスの料金相場

買い物代行サービスの「料金相場(消費税抜き)」をご紹介します。

 

【お試し利用の場合】

料金相場:5,0006,500

基本的には初回利用限定の料金設定です

※会社によってお試し利用ができない場合もあります。

 

【スポット利用の場合】

料金相場:2時間8,00011,000

 

【定期利用の場合】

料金相場:12時間6,0009,000円×月の利用日数

 

買い物代行サービスでは移動にかかる「交通費」が別途必要となる場合もあります。サービス会社によって設定が違うので、申し込みの前に確認しましょう。

 

買い物代行サービスを利用する際の注意点

 買い物代行はとても便利なサービスですが、利用する前の心構えとして、次の注意点を覚えておきましょう。

 

買い物代行で想定されるトラブルとは

買い物代行は「人」が行うサービスなので、スタッフによってはトラブルになることもあります。

 

【買い物代行でありがちなトラブル】

・自分が望むものと違う商品を買ってきた

・その店に商品があるはずなのに「なかった」と言われた

・商品が不良品だった

・買い物代を渡したらそのまま帰ってこなかった

 

代行サービスを頼む時は、ただ買い物リストを渡すだけでは伝わりにくいこともあります。分かりづらい商品は、名前や陳列場所などを詳しく説明することが大切です。
特売商品の購入を頼む場合は、チラシに印をつけて渡すなどすると良いでしょう。

 相談窓口がしっかりしている会社を選ぼう

 買い物代行サービス会社を検討する時に重要なのは、上記のようなトラブルがあった時に「相談できる窓口」があることです。
サービス内容やスタッフに疑問を感じたり、何か不愉快な思いをしたりした時に、親身に対応してくれる相談窓口があれば安心です。

当日来たスタッフの仕事ぶりに真面目さが感じられない場合や、態度や受け答えに問題がある時は、我慢せずに相談窓口へ連絡しましょう。

 

親の買い物代行を依頼する場合は特に、事前に相談をすると安心

買い物代行サービスは、離れて暮らす「高齢の親世帯」の買い物をサポートすることも可能です。

親御さんはサービスを利用してみたい気持ちがあっても、買い物代行サービスについて調べたり申込みをしたり、初めて会うスタッフと話をすることが億劫だったりします。
最初の連絡&相談を子ども(自分)がすれば、親御さんの不安も軽くなって買い物代行サービスの利用がスムーズになります。

 

まとめ

 買い物代行サービスは、忙しい世代はもちろんのこと、高齢者にもメリットの多いサービスです。
ご自分が先に利用してみて気に入ったら、親御さんにもぜひ勧めてみましょう。

 

小田急くらしサポートは「親身で細やかな対応」を心がけています。ご希望があれば自宅訪問をして、お客様が納得できるプランを提案します。
定期利用ではいつも同じスタッフが訪問するので、安心してご利用くださいね。

 

小田急くらしサポートの家事代行サービスの詳細はこちら!
https://www.odakyu.jp/kurashisupport/housework/

 

 

 


ご注文・お問い合わせ