コラム

ハウスクリーニング
2020/12/07

年末大掃除!トイレの大掃除で便座やタンクの汚れをしっかり落とそう

年末になると待っているのが、大掃除です。トイレは、汚れがたまりやすい場所の1つ。定期的にお掃除するのが難しいという方もいらっしゃるかもしません。

大掃除の際に、一気にトイレ掃除を済ませるようにしましょう!今回は、トイレの大掃除のやり方をご紹介します。

トイレの大掃除に必要なもの

トイレの大掃除に必要なものは事前に用意しておきましょう。

 

トイレの大掃除に必要な洗剤類

・トイレ用の酸性洗剤

・トイレ用の中性洗剤

 

トイレの汚れは、尿石や水垢がほとんど。そこで役に立つのが酸性洗剤です。酸性洗剤は、尿石による黄ばみを落としてくれます。

 

 

トイレの大掃除に必要な道具

・ゴム手袋

・トイレ用ブラシ

・トイレ用掃除シート

・ハンディモップ

・歯ブラシ

・雑巾

 

大掃除の際は、薬剤の強い洗剤を利用することもあるため、ゴム手袋を用意するようにしましょう。

また、細かい部分を掃除することもあるため、トイレ掃除用のブラシだけではなく使い古した歯ブラシも用意しておくと便利です。

 

 

 

 

 

 

トイレの大掃除の手順

お掃除を始める前に、トイレに装飾品などを飾っている場合は、すべて出します。マットやスリッパもトイレから出しておきましょう。

 

普段からトイレ掃除をしていても、見落としがちな場所もあります。まずは、トイレの大掃除で取り掛かる順番から確認していきましょう。

 

1.天井

2.便器

3.便座

4.

5.タンク

6.

7.

8.ドアノブや窓など

 

この順番で、トイレの大掃除を進めていきます。

 

トイレの大掃除のやり方

ここでは、トイレの箇所別に大掃除のやり方をご紹介します。

 

天井

まずは、高いところから掃除したいので、天井からお掃除していきます。天井にある換気扇にはほこりが蓄積しているので、換気扇もしっかり掃除しましょう。

換気扇を止めて、換気扇のカバーを外します。カバーは掃除機でほこりを取り、換気扇の中はトイレ用の掃除シートで汚れを落としていきます。

天井全体は、ハンディモップを使ってほこりを落としていきましょう。

便器

便器の中は、水垢やほこり、尿石などによって汚れています。汚れが固まってガンコな汚れになっていることも。

大掃除のときはしっかりと落とせるように、酸性洗剤を利用します。

便器内に洗剤をかけて、トイレ用のブラシを使って掃除していきましょう。特にフチの部分に汚れがたまっているため、念入りにブラシで掃除していきます。汚れを落としたら、水を流します。

 

便座

便座はトイレ用の掃除シートで汚れを拭き取っていきます。

便座で忘れがちなのが、ウォシュレットです。ノズル洗浄ボタンを押すとウォシュレットのノズルが出てきますので、拭き掃除します。汚れが詰まっている場合は、歯ブラシなどで落としていきましょう。ただし、破損の原因となるため、あまり力を入れて掃除するのは避けましょう。

その他に、タンクの外側や、便器の側面もシートで汚れを拭き取ります。

トイレタンク

タンクつきのトイレの場合は、タンクの中にも汚れが付着していることがあります。普段の掃除ではタンクの中まではなかなか手が回らない場合も多いので、大掃除の際にしっかりとお掃除しておきましょう!

 

まず、トイレのタンクの蓋を外します。手洗い器がついている場合は、水を流すホースとつながっていることがあります。ナットを回さなければいけないこともあるため、ご注意ください。

蓋は、浴室や洗面所で中性洗剤を使ってブラシでこすります。細かい部分は歯ブラシを使ってこすっていきましょう。

 

タンクの中は、洗剤とスポンジを使って広い面から洗っていきます。次に、ブラシを使って、パイプなどの部品を洗っていきます。このとき、部品が壊れないようにやさしく洗うのがポイントです。

タンクの底にも汚れがたまってしまっている場合は、一度洗浄レバーを回して水を流してから、底に洗剤をつけてブラシで掃除していきます。洗い終わったら、止水栓を少し緩めて、給水パイプから水を少し出します。最後に洗浄レバーを回して水を流し、洗剤を流しましょう。

 

給水パイプとつながっている蓋を戻すときは、止水栓を再度閉めてから元に戻します。蓋を元に戻したら、止水栓を緩めてタンクの掃除は終わりです。

壁にも汚れが付着していますので、中性洗剤と雑巾を利用して落としていきます。最後に硬く絞った雑巾で洗剤を拭き取っていきましょう。

床はトイレ用の掃除シートを使って汚れを拭き取っていきます。便器と床の境目は、特に汚れがたまりやすい場所です。掃除用のシートでは汚れが落ち切らない場合、中性洗剤とブラシを使って掃除すると良いでしょう。

ドアノブや窓、ペーパーホルダーも

忘れがちなのが、ドアノブや窓、ペーパーホルダーです。掃除シートでしっかりと拭きましょう。スリッパにも汚れがついているので、裏面を拭いたり手洗いしたりするなどしてキレイにします。マットやペーパーホルダーカバーを使っている場合は洗濯するか新しいものに替えましょう。

まとめ

今回は、トイレの大掃除のやり方についてご紹介しました。

年末の大掃除は、普段掃除している便器や便座、床だけではなく、換気扇やタンクの中もお掃除するチャンスです。普段は掃除しない場所もしっかりと掃除して、きれいな気持ちで新年を迎えましょう。

もしも「トイレのタンクの中を掃除するのは難しそう…」「トイレ掃除に時間をかける暇がない!」という場合は、ハウスクリーニングのご利用も1つの手です。ぜひお気軽にご相談くださいね。

WEBからのお問い合わせ