いろいろな砂を顕微鏡で見てみようの画像

相模原市立博物館で毎年恒例となっているイベント。日本各地の川原や海岸の砂を顕微鏡で観察するほか、南極やサハラ砂漠の砂も見ることができる。実物入り砂カードも作れるのでぜひゲットして。顕微鏡操作が初めての人も気軽に参加できる。写真は、当日観察できる砂の一種で、「星の砂」が含まれている沖縄のサンゴ礁の砂。 ※写真:沖縄のサンゴ礁の砂 (C)相模原市立博物館

イベント詳細

最寄り駅 小田急線「相模大野」駅
アクセス 小田急線「相模大野」駅下車 北口より相模原駅南口行きバスで約13分「宇宙科学研究本部」下車 徒歩約5分 ほか
料金 参加無料
開催期間 2019年2月24日(日)10時~16時 ※入退場自由
住所 相模原市立博物館(相模原市中央区高根3-1-15)
お問い合わせ 相模原市立博物館
TEL 042(750)8030
ウェブサイト http://sagamiharacitymuseum.jp/
掲載の情報は天候その他の理由により変更になることがあります。
内容に関するお問い合わせは各イベントの主催者・会場までお願いします。
情報提供: イベントバンク

このページをシェア