秋季展「版画を味わう」-周辺画家とコレクションから-の画像

武者小路実篤記念館が所蔵する版画作品は60点余。雑誌『白樺』同人として実篤とともに活動した画家の岸田劉生、河野通勢らの作品から、実篤と同じく調布市内で活躍した版画家・関野凖一郎が実篤や志賀直哉、里見トンの肖像を描いた作品、ゴヤ、ルオー、ドーミエ、マネ、レンブラントなど実篤が蒐集し、日常的に見て楽しんだ愛蔵の美術品まで、同館所蔵の版画作品を一挙に公開する。 ※写真:調布市武者小路実篤記念館

イベント詳細

最寄り駅 小田急線「成城学園前」駅
アクセス 小田急線「成城学園前」駅下車 北口より調布駅南口行き小田急バス「稲荷前」下車 徒歩約9分
料金 入場料:おとな200円、小中学生100円(調布市内在住65歳以上無料/市内在住・在学の小中学生は土曜日に無料パス使用可)
開催期間 2019年9月7日(土)~10月14日(月)9時~17時 ※月曜日休館(祝日の場合は開館し直後の平日休館)
住所 調布市武者小路実篤記念館(調布市若葉町1-8-30)
お問い合わせ 調布市武者小路実篤記念館
TEL 03(3326)0648
ウェブサイト http://www.mushakoji.org/
掲載の情報は天候その他の理由により変更になることがあります。
内容に関するお問い合わせは各イベントの主催者・会場までお願いします。
情報提供: イベントバンク

このページをシェア