RECRUIT SITE ENTRY MENU

トップメッセージ

お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と
「ゆたかなくらし」の実現に貢献するために、
新しい「小田急電鉄の未来」を皆でつくっていく

取締役社長 星野 晃司

小田急沿線を
「日本一暮らしやすい沿線」に

当社は小田急グループの経営理念である『お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献する』ため、今日に至るまで、基幹事業である鉄道事業を中心に、不動産業やその他事業を展開し、沿線価値の向上に努めてきました。2018年3月には、長年にわたって進めてきた複々線化が完成し、これによって小田急線の利便性は大幅に向上しました。

当社では、経営理念を実現するために、今後も鉄道の安全・安心をベースに、グループのさまざまな経営資源を活用しながらサービスの質を高めていくことで、複々線化による効果を最大限発揮していきたいと考えています。あわせて、外部との連携強化によるまちづくりの推進や外部環境の変化に対応した施策の展開などによって沿線の暮らしやすさを高めることにより、小田急沿線を「日本一暮らしやすい沿線」にすることを目指しています。

社員同士が一体となり、コミュニケーションとスピードを意識して挑戦する

当社には「総合職」「エキスパート職」という2つの働き方があります。「総合職」はさまざまな業務を経験しながら、将来的には小田急グループ全体の舵取りを担う人材として、「エキスパート職」は鉄道やITといった特定の分野で専門知識と能力を極めるプロフェッショナルとして、それぞれ活躍していただけることを期待しています。

当社の事業運営を支えているのは一人ひとりの社員です。お客さまから信頼していただける存在であり続けるためにも、グループの行動指針である「真摯」「進取」「融和」の精神を忘れずに誠実に業務に取り組むことはもちろんのこと、社員同士が一体となり立場を超えて活発にコミュニケーションをとりながら、変化を恐れずにスピード感を持ってさまざまな取り組みに挑戦していくことが大事だと考えています。

地域価値創造型企業にむけて

事業環境の変化に対応し、グループ経営理念の実現とさらなる事業成長を遂げるため、経営ビジョン「UPDATE 小田急 ~地域価値創造型企業にむけて~」(2021年4月公表)のもと、次の100年を歩むための事業モデルの変革を図ります。当社グループは、小田急沿線や事業を展開する地域とともに成長するために、既存概念に捉われず常に挑戦を続けることで、お客さまの体験や環境負荷の低減など地域に新しい価値を創造していく企業に進化します。

1927年の開業以来、約90年にわたって築いてきた「小田急電鉄」。変わり行く時代にあわせて、地域に新しい価値を創造するためには、社員一人ひとりの活躍が欠かせません。そのためにも、経営理念や行動指針に共感していただける方を、当社は求めています。「新しい小田急電鉄の未来を皆でつくっていく」、そのような気概を持った、ひとりでも多くの方々にお会いできることを楽しみにしています。

トップへ戻る

ページトップへ