RECRUIT SITE 2022 ENTRY MENU

鉄道(土木)

培った知識や経験を活かし、
最適な方法で工事を進めていく。

工務部 工務技術センター(取材当時) : 宗海 健斗 2016年度入社

最終的な工事の目的を常に意識し、ひとつの工事を進めていく。

私の所属する工務技術センターは、橋梁やトンネルなどの土木構造物における改修工事の設計や発注、そしてその後の進捗管理や保守作業を行っています。私は土木担当として、工事の設計から発注、そしてそれに伴う対外協議を担当しています。

ひとつの工事に関して、現況の確認から設計方針の決定、発注に至るまで私一人で担当するため、自分の考えによって工事の内容やコストも大きく変わってしまう責任の大きな仕事です。この仕事をするうえで私が常に意識しているのは、最終的な「工事の目的」に立ち返ること。なぜ工事を行うのか、工事によって当社、あるいは利用者に何をもたらそうとしているのか。そこを見失うことのないよう、一つひとつの工事について、さまざまな角度から粘り強く、慎重に検討するようにしています。

自分で考え発注した工事が進む様子を見る達成感は大きな魅力。

一見簡単に思える工事でも、利害関係者や関連する法律、費用面など、工事方法を検討するうえで配慮すべき要素は多くあります。これらの要素を満たす最適な工事方法を選定することは非常に難しい反面、自分の考えた方法が採用され、その工事が進んでいく様子を見た時は、大きなやりがいを感じます。これが私の仕事の魅力であると考えています。

以前、集中豪雨による土砂崩壊を防ぐための線路工事において、水の流れを把握するための現場調査を実施したことがあります。急斜面であることに加え、足場も悪く、大変な苦労を伴いましたが、自分の目で現場を見ることで正確に現況を把握できたため、明確な根拠を持ったうえで新しい工種を提案、実現することができました。自分の考えのもと発注した工事が着実に進んでいく様子を見た時の達成感は、とても大きなものでした。

誰にも負けない知識を身に付け、
最適な維持管理手法を考案したい。

私は1年目に土木構造物の点検作業や工事の進捗管理に従事していました。実際に作業を行った経験や、工事が行われる現場に立ち会ったことで、土木構造物の基礎知識を身に付けることができたほか、ひとつの工事に必要な人員や日数を知り、工事の規模感を肌で感じることができました。その後、2年目より現在の工事設計や発注業務に携わっていますが、1年目に培った知識や経験が大きく活きていると感じています。今後も引き続き、知識の拡充や経験の蓄積に励んでいき、将来的には自分の身に付けたスキルやノウハウを活かして、より効率的・経済的な維持管理手法を考案することや、長期的視点を持って構造物を改修することで、その後のメンテナンスフリーを実現したいと考えています。

入社後のキャリアステップ(取材当時)

1年目
工務部 秦野工務区
2年目
工務部 工務技術センター

社員紹介へ戻る

ページトップへ