RECRUIT SITE 2022 ENTRY MENU

不動産(開発)

小田急グループのホームタウン、新宿。
その再開発を必ず成功させたい。

新宿プロジェクト推進部 : 江島 潤一郎 2010年度入社

利用者の視点で、より安心・安全なものづくりを。

大学時代に土木工学を専攻し、地震防災について研究していた私は、人々に“安全”かつ“継続的”に使ってもらえるものをつくりたいと考えていました。入社後はまず、工務部大野工務区に配属され、安全な鉄道運行の維持を目的とした各種工事の発注や現場管理などの業務を担当しました。この経験を通じて、日々の安全を守るための現場における取り組みを学べたことに加え、安全な鉄道運行の実現には、多くの部門が一体となり、密に連携することが必要であると理解しました。

4年目には、東京都庁に派遣され、自治体という立場から、東京・品川・新宿といった大規模ターミナル駅の再開発事業を推進しました。これらのエリアは道路や鉄道、建物が密集しているため、多くのステークホルダーがいます。各関係者との折衝は非常に難しいものではありましたが、その一方で、自治体のまちづくりに対する想いを学び、自治体と公共インフラである鉄道事業者が連携していくことの重要性を学べたことは自身の糧となっております。

最大のターミナル駅「新宿」を、もっと賑わいあふれるまちに。

私は現在、新宿西口再開発計画の立案・推進を行う「新宿プロジェクト推進部」に所属し、都市計画の諸制度を活用した施設の将来構想を立案のうえ、行政機関や隣接する鉄道事業者といった社外関係者との協議、調整を行っています。

協議、調整というと、簡単な業務と思われるかもしれませんが、実は、自社の利益や公共性など考慮すべきポイントが複数あることに加え、関係者によってそれぞれ優先事項が異なるため、協議が難航する局面が多々あります。その際、私は当社の考えを論理的に説明するだけでなく、自治体や他の事業者の想いを尊重したうえで、こちらの想いを相手に上手く伝えて協議、調整することを常に心掛けています。このことを継続的に行うことで、難しい局面も乗り越えられるよう努めております。その結果として、自分の実現したい内容を将来計画に反映できたときは非常に感慨深いですし、それこそがこの仕事の大きな魅力であると考えています。

一大プロジェクトを一日でも早く実現させるために。

東京駅や渋谷駅、品川駅、池袋駅といった大規模ターミナル駅の再開発事業が活発化する中、小田急グループの最大のターミナル駅である新宿エリアの再開発事業は、当社にとって一大プロジェクトです。この「新宿西口再開発計画の実現」によって、新宿が日本の活力を牽引する役割を担う中核的な拠点として生まれ変わる一翼を担うとともに、小田急グループの更なる成長につながると私自身も確信しています。現在は、新宿という大都市を舞台としたまちづくりに、将来構想を検討する段階から携わることができている喜びを感じながら、新宿西口再開発計画を一日でも早く実現できるよう、これまで以上に貢献していきたいと思っています。

そして将来的には、このプロジェクトで培ったノウハウを活かし、他エリアの開発にも従事したいと考えています。

入社後のキャリアステップ

1年目
工務部 大野工務区
4年目
東京都庁(派遣)
6年目
新宿プロジェクト推進部

社員紹介へ戻る

ページトップへ