RECRUIT SITE 2022 ENTRY MENU

不動産(開発)

多様な地域を結ぶ沿線という強みを活かして
“魅力あるまちづくり”を展開していきたい。

開発推進部(取材当時) : 小花 璃美 2017年度入社

地域や人々の日常を豊かにする沿線をつくりたかった。

まちづくりに興味をもったのは、建築学を専攻していた大学3年生の頃でした。鉄道会社で働く先輩の話やまちづくりに携わる方の話を聞くうちに、私も人々の生活やまちを豊かにする仕組みづくりに携わりたいと思いはじめたのです。その後、大学院での都市計画・地域づくりの研究活動を経て、就職活動では鉄道会社や不動産・まちづくり関連企業、都市・建築系の行政法人などの業界を中心に見て回りました。

そんな時、リノベーション団地の開業やまちづくりを得意とする企業のグループ加入など、不動産開発・まちづくり事業に注力し始めていることが話題となっていた小田急電鉄に目が留まりました。小田急線は、都心部から住宅地、観光地まで、幅広いエリアを結んでいるなど“沿線のポテンシャル”が高く、多様なまちづくりを実現するチャンスがあると思いました。最終的な決め手は、社員や会社の雰囲気が自分に合うと感じたからですが、この会社ならまちを豊かにする面白い仕事ができそうだという“ワクワクする予感”がありました。

“多様性にあふれ、人々が自分らしく生きている街”という魅力を、ふんだんに詰め込む。

入社後は、駅員・車掌としての業務を経験した後、開発推進部に配属されました。この部署のミッションは、沿線価値の向上を図るために不動産開発事業の企画・設計・工事を推進し、街の新たな魅力やライフスタイルを提案すること――まさに、私のやりたかったことでした。そのなかで私は「下北線路街」の開発プロジェクトを担当することになりました。このプロジェクトは、東北沢駅~世田谷代田駅間における鉄道の地下化に伴って生まれた約1.7㎞にわたる線路跡地を利用して、地域の方々と一緒に“愛着を育む街”をつくることを目指しています。

この仕事の難しさは、鉄道の上部を開発するにあたって厳しい制約があることに加えて、社内外の多くの関係者と調整して設計・施工を進めなければならない点です。初めて私が担当した物件である“新しい形の商店街”「BONUS TRACK」の時には、施設自体の計画の推進に加え、デザイン性や施工性の観点から、同じ区画内にできる世田谷区の通路の整備を一体で進める必要がありました。当社の計画・提案となかなか折り合わないこともありましたが、折衷案を用意するなど工夫しながら、粘り強く交渉・調整していった結果、当社の出したアイデアが徐々に理解され、工事を進めることができました。「“店主の顔が見える個性的な店舗”が未来にも引き継がれるよう、新たなチャレンジや個人の商いを応援する」というコンセプトが形になっていく姿は、本当に感動的でした。

沿線地域の多様な魅力を引き出すために。

開業後は多くのお客さまに楽しんでいただけており、社外の方から高い評価をいただく機会もありました。お客さまやそこで働く方々の表情を見ると感慨深い気持ちになりますし、新たな体験を提供できたことに大きな達成感があります。

しかし、私の仕事はまだまだ終わりではありません。“多様性にあふれる街”という下北沢エリアの持続的な価値向上に向けて、より魅力的な空間づくりや管理運営の仕組みづくりに取り組んでいきます。また、個人的には開発事業における「技術的な視点」と「営業的な視点」双方のスキルを身に付けて、企画から設計・工事までプロジェクトを総合的に担える人材になっていきたいという目標があります。そのために、日々の仕事でさまざまなことに挑戦するのはもちろん、資格取得に向けた勉強も続けています。こうした取り組みをすることで、小田急線沿線の価値向上に貢献していきたいと思っています。

入社後のキャリアステップ

1年目
開発推進部

社員紹介へ戻る

ページトップへ