Odakyu Logo

小田急線路線図

拡大表示
朝の通勤時間帯

 4つのポイント

混雑が大幅に緩和!

朝の通勤時間帯に列車を大増発

ラッシュピーク時の列車の運転本数を改正前の27本から36本に増やしました。列車本数を大幅に増加させたことで、混雑率が緩和しました。

ラッシュピーク時混雑率の変化

ラッシュピーク時混雑率の変化

※東京圏における主要31区間の混雑率順位(平成28年度国土交通省調べ)

所要時間が短縮!

朝の通勤時間帯の快速急行を大増発

朝の通勤時間帯の「快速急行」を、従来の3本から28本に増やし、ラッシュピーク時には12本運転しています。

多摩線から新宿直通通勤急行を運転

新宿着7:15~8:50の多摩線から新宿直通の「通勤急行」を9本運転しており、ラッシュピーク時には6本運転しています。

ラッシュピーク時の新宿までの所要時間

ラッシュピーク時の新宿までの所要時間

都心方面へのダイレクトアクセス!

千代田線直通列車を30本に増発(18本増)

新宿直通の江ノ島線快速急行を15本運転

※江ノ島線内は「急行」で運転

新宿直通の多摩線通勤急行急 行を13本運転

座って快適通勤!

始発列車を増発

成城学園前、向ヶ丘遊園、海老名、伊勢原、藤沢、唐木田での始発列車が増えました。小田急多摩センターを新たに始発駅としました。

通勤特急ロマンスカーを増発

通勤特急ロマンスカー「モーニングウェイ号」「メトロモーニングウェイ号」を11本運転(4本増)。 新たに海老名に7本停車させたほか、藤沢・大和・秦野・本厚木・相模大野・町田・新百合ヶ丘の停車本数が増えました。 特急ロマンスカーの詳細はこちら

途中駅から列車種別が変わる列車を終着駅の行き先表示に変更

途中駅から列車種別が変わる列車の行き先表示は、終着駅の行き先表示で運転しています。

途中駅から列車種別が変わる列車を終着駅の行き先表示に変更 途中駅から列車種別が変わる列車を終着駅の行き先表示に変更

女性専用車両の設定が変わりました

平日ダイヤで、千代田線直通の「各駅停車」にも女性専用車両を設定しました。

※女性専用車両の設定される列車については、各駅の時刻表をご確認ください。

バスと鉄道の連携

小田急バス、神奈川中央交通、箱根登山バスで、バスと鉄道の接続を向上させる取り組みを実施しています。

  • 〈例〉
  • 小田急バスバス定期券を小田急電鉄の定期券発売窓口で販売開始
  • 神奈中バス同時ダイヤ改正! 土休日、大山への直行バスが伊勢原駅停車の特急に接続!(平日も大山行きのバスに接続)
  • 箱根登山バス箱根湯本にて午前中のロマンスカーを中心に接続する、芦ノ湖までのノンストップ急行バスを大増発!
  • その他新ダイヤでの運行開始に合わせて、沿線の各エリアでバスとの接続を向上!

ページトップへ

おすすめ情報

世界に一つの日々と ODAKYU VOICE ここでねずっとね