コラム

ハウスクリーニング
2020/12/24

年末大掃除!必要な掃除道具や忘れがちな掃除場所のチェックリスト

年末大掃除は1年を締めくくる大仕事!どうせやるなら完璧にお掃除をして、ピカピカのお家で新年を迎えたいですよね。

大掃除を計画的に行うためには、チェックリストを作成して事前に準備をしておくことが大切です。そこで今回は、お掃除に忘れがちな道具や掃除場所のチェックリストをご紹介します。



 

 

 

 

 

 

年末大掃除に使う道具のチェックリスト

家中をきれいにする年末の大掃除。気合いを入れてから取り掛かる方が多いのではないでしょうか?

そんな大掃除の途中で、うっかり買い忘れていた掃除道具を買いに出掛けるのは大幅な時間のロスになりますし、やる気も半減してしまいますよね。

下記のような大掃除用の掃除道具チェックリストを事前に作成して、家にあるものや購入したものをチェックすることで、掃除道具の買い忘れを防ぐのに役立ちます。

 

必要な道具リスト チェック欄
洗剤  
フローリングワイパー  
雑巾  
使い古した歯ブラシ  
スポンジ  
掃除用ブラシ  
掃除シート  
バケツ  
マスク  
ゴム手袋  
軍手  
エプロン  

 

それぞれの掃除道具の選び方などについても見ていきましょう。

 

洗剤

洗剤は、アルカリ性・中性・酸性の各種を用意しておきましょう。キッチン用やお風呂用などの専用洗剤でもOK。重曹やクエン酸を使った掃除方法もありますが、大掃除のときのように頑固な汚れを落としたいときは洗剤を使ったほうが落としやすいでしょう。

 

フローリングワイパー

柄の長いフローリングワイパーは、床の掃除にはもちろん、天井を掃除するのにも便利なアイテムです。

 

雑巾

拭き掃除の際に必須のアイテムです。使い古したタオルでもOK。掃除場所ごとに取り替えたいので、多めに用意しておくと安心です。

 

使い古した歯ブラシ

細かい部分を掃除するには、使い古した歯ブラシがおすすめ。キッチンや浴槽、トイレの掃除でも利用できるので、何本か用意しておくと良いでしょう。

 

スポンジ

キッチン、浴室、エアコンなどのお掃除に使います。使う場所が多いため、1つだけではなく掃除場所ごとにスポンジを用意しておくと安心です。

 

掃除用ブラシ

トイレ用、キッチン用、浴室用と掃除場所ごとに用意しておきましょう。

 

掃除シート

トイレ用のシートや床用のシート、どこの掃除にも使えるシートなどさまざまなものがあります。使いやすい厚手でしっかりしたシートを用意しておくと良いでしょう。

 

ゴム手袋、軍手、マスク、エプロン

大掃除では、刺激の強い洗剤を利用することもあります。また、掃除中はほこりや汚れが舞うこともあるでしょう。掃除の際は、やけどやアレルギーなどから自分の身を守るためにマスクや軍手、ゴム手袋などを用意しておきます。


年末大掃除の掃除場所のチェックリスト

大掃除は掃除する場所が多いため、計画的に進めないとついつい掃除し忘れてしまうことも。家のすみずみまできれいにして新年を迎えるために、掃除場所についても以下のようなチェックリストを作ってから取り掛かりましょう。

大掃除の掃除場所 チェック欄
キッチン  
浴室  
洗面所  
トイレ  
リビング  
寝室  
玄関・ベランダ  

 

キッチン

換気扇・壁・シンクの中はもちろん、冷蔵庫やパントリー、電子レンジの中もしっかりと掃除しましょう。ストックしている食材などを整理して、いらないものを処分することも忘れずに。

 

浴室

浴室は、壁や床、浴槽やシャワーノズルなどを掃除していきます。ゴムパッキンや排水口なども忘れずに掃除しましょう。

 

洗面所

洗面台や洗面ボール、キャビネットなどを掃除していきます。床や洗濯機の中など、普段はあまり掃除をしない場所もきれいにしていきましょう。

 

トイレ

マットは洗濯し、スリッパも洗いましょう。便器は、酸性洗剤を利用してブラシでこすってきれいにしていきます。お掃除シートを利用して、壁や床、便座なども掃除していきましょう。

 

リビング・寝室

リビングや寝室は、天井や床を掃除していきます。窓・家具・壁も拭き取り掃除しておきましょう。床がフローリングの場合、掃除の最後にワックスがけをすることをおすすめします。

 

玄関・ベランダ

玄関やベランダは、意外とほこりや砂で汚れているので、しっかりと掃き掃除することをおすすめします。また、玄関は靴箱の中の掃除も忘れないようにしましょう。

大掃除で掃除を忘れがちな箇所

普段、あまり掃除をしない場所は、大掃除でも忘れがちになってしています。あとから急いで掃除してしまうより、余裕を持って掃除するために忘れがちな掃除場所も確認しておきましょう。

 

キッチンの「レンジフード」

キッチンで忘れがちなのが、レンジフードです。ガスコンロまたはIHコンロを掃除することはあっても、レンジフードの掃除は大変なイメージがあり大掃除でも躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

浴室の「ゴムパッキン」「エプロン」

浴室で忘れやすいのは、ゴムパッキンや浴槽のエプロンなど細かい部分です。特に浴槽のエプロンは普段から掃除する場所ではなく、見えないので気にならない場所でもあります。

とはいえ、湿気などによりカビが繁殖している場合もあるので、大掃除できれいにしておきたい場所です。

 

リビングや寝室の「エアコン」

リビング・寝室の中で見落としやすい箇所はエアコンです。外見はきれいに見えても、エアコンの中には意外とほこりがたまっています。

エアコンの中にほこりがたまっていると、エアコンの効きが悪くなり、電気代が高くついたり故障の原因となったりすることがあります。ほこりがたまるとカビも生えやすくなるため、定期的なお掃除が必要です。

 

レンジフードや浴槽のエプロン、エアコンなどは、掃除の難易度が高い場所です。掃除が難しい場所は、ハウスクリーニングを利用してプロの手できれいにしてもらうのも1つの手です。

 

まとめ

今回は、大掃除に必要な掃除道具や忘れがちな掃除場所などをご紹介しました。

大掃除の前に、チェックリストを作成して確認しながら行うと計画通りに進めやすくなります。また、事前にいらないものを捨て、必要なものを整理しておきましょう。ゴミ収集日もチェックしておくと安心です。

抜かりなく準備をして気合いを入れ、年末大掃除を終わらせましょう!

 

ご注文・お問い合わせ