小田急の複々線化事業

混雑を緩和し、所要時間を短縮する小田急の複々線化事業を紹介します。

現在の課題

小田急では、快適な輸送サービスを提供するため、列車の増発や長編成化をはじめとする輸送力の増強に努めてきました。これまでの輸送力増強策によって、混雑は若干緩和されたものの、依然として快適とは言い難い状況(首都圏の民鉄線では2番目に高い混雑率)にあります。また、運転間隔が短くなることで個々の列車の速度が低下し、所要時間が増えるといった弊害も現れています。

現在、朝のラッシュピーク時間帯に、複線による施設でこれ以上列車を増発することは難しく、また、駅に隣接する踏切などにより、ホームの延伸が困難であることから、編成を伸ばすこともできない状況となっています。

複々線化による抜本的な輸送サービス改善

小田急では、こうした現状を抜本的に改善し、快適な輸送サービスを実現するために、上下線を各2本ずつ計4本の線路にする「複々線化」を東北沢〜和泉多摩川間で実施しています。

この複々線化が完成すると、朝のラッシュピーク時間帯に列車の増発が可能となり、新聞や雑誌を楽に読みながら通勤できる程度にまで混雑が緩和されます。また、各駅停車と急行等が別々の線路を走るようになるため、ラッシュピーク時間帯の所要時間が日中並にまで短縮するほか、各駅停車についても途中駅での待ち合わせや通過待ちがなくなるため所要時間が短縮します。

 

複々線完成によるラッシュ時間帯における輸送改善「3つの柱」

T 混雑緩和による快適な輸送環境の提供 U 所要時間短縮による都心方面へのアクセス向上 V 千代田線直通列車増発による都心中心部への利便性拡大
複々線化スペシャルサイト「HELLO NEW ODAKYU!」
小田急線の複々線化事業の詳細はこちら