EXE、EXEα(30000形)

車種の特徴(EXEα)

EXEα(30000形):多様なニーズに合わせて進化を遂げたロマンスカー

「ロマンスカー・EXEα(エクセアルファ)(30000形)」は、2017年3月に就役。ロマンスカー・EXEに「プラスアルファ」の要素を加え、より快適な車両へとリニューアルしました。

外観は、シャープで明快なムーンライトシルバーとディープグレイメタリックの2色のボディカラーに、ロマンスカーの伝統色であるバーミリオンオレンジのラインを配置。スタイリッシュなデザインが印象的です。

内装は、心地よさにこだわり、ナチュラルデザインを採用。ベージュを基調としたシートに加え、直接・間接照明システムの組み合わせによって、いっそう明るい雰囲気へと演出しています。
さらに、ヘッドカバーやシートの一部にはブルーを、壁や床には茶系を採用するなど、落ち着きと上品さを兼ね備えた車内空間も魅力の一つです。

また、スーツケースを置くことができる専用のラゲージスペースを設置。観光や旅行の際における利便性を高めたほか、お子さま連れや車いすをご利用になるお客さまへ、多目的トイレをはじめ温水機能付便座を新設するなど、快適性も高めました。
その他にも、バリアフリースペースや防犯カメラの設置など、安心そして安全にご利用いただけるよう配慮しました。

一般席(EXEα)

落ち着きのあるデザインに、心安らぐ座り心地。お客さまのことを考え、便利なアイテムも登場しました。

ご好評の声を多くいただいている座り心地はそのままに、小技を利かせたアイテムの登場により、さらに便利になりました。
シート上部には、車内移動時につかまりやすい手掛けを設置。
また、シート背面には、荷掛け用のフックに加え、傘用のホルダーもご用意しています。

テーブル あたたかみを感じる木目調のテーブルを、各シートの肘掛に収納。
シートを向かい合わせにしたときも各自テーブルが使えるようなっています。
ノートパソコンを置くこともできるサイズなので、ビジネスシーンにも最適です。
シートの回転 シート下左側のペダルを踏みながら180°回転する事ができます。

車種の特徴(EXE)

EXE(30000形):沿線で親しまれる「ホームウェイ」のメイン車型

「Excellent Express(素敵で優秀な特急列車)」から名付けられた、6代目の新型特急「ロマンスカー・EXE(エクセ)(30000形)」は、1996年にデビュー。

全長200メートル・10両編成で、乗車定員を大幅にアップ。ロマンスカーが観光だけにとどまることなく、ビジネスの頼もしい足としても定着していることから、いずれの目的にもふさわしい洗練されたデザイン、カラーリング、快適性を極めた居住空間をその身に携えています。

ロマンスカーの中で最も座席定員が多いことから、多くの通勤・通学客が利用する「ホームウェイ」のメイン車形として親しまれています。

また、6両と4両とに分割することができるため、多様な運行が可能になっています。パンタグラフがシングルアーム形になったのも、これが初めてです。

  • 1996年グッドデザイン商品
  • 2007年度ロングライフデザイン賞選定

一般席(EXE)

洗練されたデザインとゆとりの設計が魅力。日常の疲れを癒す、ゆったりシート。

多くの通勤利用者に愛用されているEXE(30000形)のシートは、慌しかった朝晩の通勤・帰宅時間を、心地よいひとときに変えてくれるもの。モダンなカラーリングのシートが整然と並ぶ、ゆったりとした車内に足を踏み入れ、重厚感のあるシートに腰掛ければ、たちまち疲れも癒されていくよう。全席指定だからこそのゆとりもあいまって、ロマンスカーでの通勤はストレスフリーです。運行本数の多いEXE(30000形)は通勤以外にも気軽にご利用いただけます。

テーブル 前席の背面に設置せず各シートの肘掛に収納させ、テーブル未使用時の占有空間にゆとりを持たせた他、シートを向かい合わせにしたときも各自テーブルが使えるようなっています。
シートの回転 シート下左側のペダルを踏みながら180°回転する事ができます。

ご注意ください

小田急の特急ロマンスカーは、全席指定制です。ご乗車の前に、目的地までの特急券をお買い求めください。
ロマンスカーで行く 箱根
都心から身近に楽しめる、有数の観光地「箱根」の情報と箱根周遊のおとくなご案内