利用規約(e-Romancecar)

e-Romancecare-Romancecar:オンライン予約のご案内

  • 利用方法
  • 利用規約
  • よくあるお問い合わせ

e-Romancecar 利用規約

(総則)

第1条

 この規約は、小田急電鉄株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する「e−Romancecar」サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。この規約に定めていない事項については、当社の旅客営業規則等に定めるところによります。

(用語の定義)

第2条

 この規約における用語の定義は、次の各号に定めるところによります。

(1)「利用者」とは、この利用規約を承認のうえ本サービスをご利用いただくお客さまのことをいいます。

(2)「窓口」とは、当社全駅の出札窓口および東京メトロ線内の特急ロマンスカー停車駅・箱根湯本ロマンスカー営業センターのことをいいます。ただし、各窓口により開設時間は異なります。

(3)「情報端末」とはパソコン、タブレット端末、スマートフォン等、インターネット閲覧機能を有しているものをいいます。

(4)「ログイン」とは、情報端末のインターネット閲覧機能を用いて本サービスのシステムに接続することをいいます。

(5)「電子特急券」とは、当社が運行する特別急行列車(以下、「特急列車」といいます。)の特別急行券およびサルーン券(以下、「特急券」といいます。)のうち、本サービスのシステムに接続して購入することにより当社のサーバー上に記録された電子情報上の特急券のことをいいます。

(6)「電子特急券情報」とは、本サービスにより購入した電子特急券の情報(乗車日・列車名・時間ならびに乗車区間・人数・座席番号・購入額)を印刷または情報端末上に表示させたものをいいます。

(7)「係員」とは、当社、箱根登山鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社の係員のことをいいます。

(享受できるサービス)

第3条

 利用者は、次の各号のサービスを受けることができます。

(1)ログインして電子特急券の予約および購入等をすること

(2)電子特急券の購入代金をクレジットカードにより決済すること

(3)窓口で特急券を受け取ることなく、購入した電子特急券情報と決済に使用したクレジットカードを所持することにより、指定の特急列車へ乗車すること

2 本サービスは、(過去または将来を問わず)全ての情報端末に関して動作を保証するものではなく、利用者が利用する情報端末の機種によっては、前項のサービスの全部または一部を利用できないことがあります。

(利用者情報の入力)

第4条

 利用者は、本サービスで電子特急券を予約・購入する場合は、この利用規約を承認のうえ、次の各号の情報(以下、「利用者情報」といいます。)を入力するものとします。

(1)利用者の電話番号

(2)利用者のEメールアドレス

(3)第11条2項に定める利用者のクレジットカード情報

(取扱い時間)

第5条

 本サービスの取扱い時間は、午前4時から翌日午前2時までです。

(電子特急券の予約・購入)

第6条

 本サービスによる電子特急券の予約・購入の取扱いは次の各号のとおりとします。

(1)予約可能期間は特急列車の乗車日1ヶ月前の午前10時から乗車特急列車の発車時刻の45分前までとします。

(2)購入可能期間は特急列車の乗車日1ヶ月前の午前10時から乗車特急列車の発車時刻までとします。

(3)予約内容の保持期限は次の各号のとおりとし、購入手続を行わないまま保持期限を経過した場合、自動的に予約は取消されるものとします。

ア 乗車日の8日前までの予約は、予約日を含め8日以内

イ 乗車日の7日前から予約可能期限までの予約は、発車時刻15分前まで

(4)一度に取扱いできる人数は、8人までです。

(5)同一日で発駅または着駅が同じ列車の予約は1列車までとします。ただし、同一日であっても取扱った予約が自動取消された場合は再取扱いが可能です。なお、購入についてはこの限りではありません。

(6)座席番号の指定は、座席を選択できるマップ(以下、「シートマップ」といいます。)により行うことができます。ただし、座席番号の指定についての取扱いは次の各号のとおりとします。

ア 指定できる座席は、シートマップで選択できる座席のみとします。

イ 座席番号の指定可能期間は、電子特急券の予約または購入する時から乗車特急列車の発車時刻の45分前までとします。

ウ 複数の利用者が同時に同じ座席を選択した時、その他座席の確保がシステム上で正常に処理されなかった場合は、選択した座席を確保しないことがあります。

(7)「号車指定」、「通路側席を優先」または「窓側席を優先」を選択した場合、空席の状況によりご希望と異なる座席を確保することがあります。ただし、「窓側席を指定」を選択し窓側席が確保できない場合は座席を確保しません。

(8)東海旅客鉄道株式会社御殿場線発着(松田駅を除く)の特急券の取扱いはしません。

(電子特急券の効力と呈示)

第7条

 電子特急券は、本サービスのシステムのサーバー上に記録された電子情報の内容に限って効力を有します。

2 利用者は、電子特急券情報と決済に使用したクレジットカードを同時に携帯することにより電子特急券を利用することとします。

3 利用者は、係員から呈示を求められた場合、電子特急券情報と決済に使用したクレジットカードを呈示しなければなりません。

4 前項により、係員から呈示を求められたにもかかわらず、電子特急券情報または決済に使用したクレジットカードを呈示できなかった場合、利用者は、車内特急料金(サルーン利用の場合は1,200円、メトロ線に連絡する区間を乗車した場合には400円、その他の場合は300円を特急料金に加算した額。)を支払わなければなりません。ただし、乗車日当日に、車内にて発行された特急券を駅窓口に持参し、本システムでの購入事実が確認された場合に限り、当社は利用者に対し、車内特急料金を払いもどしします。

(電子特急券が無効となる場合)

第8条

 電子特急券は、次の各号のいずれかに該当した場合、効力を失います。

(1)電子特急券を窓口において換券したとき

(2)電子特急券情報を改変して使用したとき

(3)電子特急券を不正に使用したとき

(4)電子特急券情報または決済に使用したクレジットカードを携帯せずに指定の特急列車に乗車したとき

(5)第18条各号に定める禁止行為を行い、電子特急券を購入したとき

(6)その他この利用規約に違反したとき

(契約の成立時期および適用規定)

第9条

 本サービスに基づく利用者との運送等の契約は、利用者がログインし所定の操作により電子特急券の購入の手続を行った後、当社が座席番号等の情報を利用者に配信した時に成立します。

2 前項による契約成立以降の本サービスにかかわる当社と利用者との関係には、別段の定めがない限り、その契約が成立した時の旅客営業規則その他当社の規程が適用されるものとします。

(特別急行料金の決済)

第10条

 本サービスにより購入する電子特急券の料金(以下、「特急料金」といいます。)は、クレジットカードにより決済します。

2 クレジットカードが使用出来ない場合、本サービスにより電子特急券を購入することはできません。

3 本サービスにより電子特急券を購入する場合、現金等の決済を併用することはできません。

4 本サービスで予約した電子特急券については、窓口または自動券売機(一部を除く)および当社が委託している旅行会社で、予約番号と予約操作時に入力した電話番号により通常の特急券として購入することができます。

(クレジットカードによる決済)

第11条

 利用者は、ログインし所定の操作を行い、自己が保有するクレジットカード(利用者の氏名と同一の名義のものに限る)に関する必要事項の入力(以下「クレジット入力」といいます。)を行うことにより、特急料金をクレジットカード決済により支払うことが出来ます。

2 クレジット入力に要する必要事項は、クレジットカードのカード番号、有効期限、セキュリティコード、氏名(ローマ字)です。ただし、OPクレジット ハウスを利用する場合、セキュリティコードの入力は不要です。

3 本サービスでご利用可能なクレジットカードのブランドは、OPクレジット、VISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレスの5ブランドです。

4 利用者は、本サービスの利用に関連してクレジットカード会社との間で生じた紛争を、自己の責任と費用において解決するものとし、当社に何等の迷惑も及ぼさないものとします。また、当社は、かかる紛争に関連または起因して利用者に生じた損害につき、いかなる責任も負わないものとします。

5 利用者とクレジットカード会社との間の紛争に関連または起因して当社が損害を被った場合、利用者は、かかる損害について当社に賠償する責任を負うものとします。

6 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、その利用者に事前に通知することなく、クレジット入力によるクレジットカード決済を中止することができるものとします。

(1)当社がクレジットカード発行会社より、クレジット入力されたクレジットカードについて無効扱いの通知を受けた場合

(2)当社がクレジットカード発行会社より、クレジット入力されたクレジットカードについて不正使用等の通知を受けた場合

(3)その他当社が本サービスの運営上必要と判断した場合

(電子特急券の換券)

第12条

 利用者は、窓口において電子特急券情報と決済に使用したクレジットカードを係員に呈示することで電子特急券を通常の特急券に換券できます。ただし、換券できるのは、乗車する特急列車の発車時刻までです。

2 換券した特急券の取扱いは、当社の旅客営業規則等に定めるところによります。

(電子特急券の変更)

第13条

 電子特急券の変更(特急列車の変更、乗車区間の変更)は、電子特急券に指定された特急列車の発車時刻までの間において、変更後の特急列車に空席がある場合に限り、ログインし所定の操作をすることにより可能です。回数の制限は次の各号に定めるとおりです。

(1)同一の乗車日における変更の場合、変更の回数は制限しません。なお、同一の乗車日とは初電から終電までをいいます。

(2)異なる乗車日への変更の場合、変更の回数は1回に限るものとします。なお、異なる乗車日とは同一の乗車日以外をいいます。

2 ログインし所定の操作により電子特急券を変更した場合、変更前電子特急券の全額払いもどしならびに変更後電子特急券の新規購入をクレジットカードにより決済いたします。

3 前項による払いもどし金額は、決済に使用したクレジットカード会社に利用者が登録をした金融口座へ、電子特急券の変更操作を行った日から次々回の口座振替日までに払いもどしいたします。

4 電子特急券により乗車した特急列車の発車後、車内で乗車区間等を変更する場合、車内係員にお申し出いただき、その承諾を受け1回に限って区間または利用座席の変更をすることができます。ただし、同一特急列車に限り取扱います。(ログインでのこの取扱いは不可)

5 前項により変更の取扱いをする場合は、変更区間に対する特急料金を現金で収受します。ただし、すでに収受した特急料金と実際乗車区間に対する特急料金とを比較し、同額の場合は収受せず、過剰額は払いもどしをしません。

(特急料金の払いもどし)

第14条

 購入した電子特急券(複数席の場合はその全部または一部)が不要になった場合は、指定された特急列車の発車時刻までの間において、ログインし所定の操作をすることにより、払いもどしができます。ただし、次項に定める払いもどし手数料が発生する場合は、手数料を差し引いた払いもどし金額となります。

2 電子特急券の払いもどし手数料は、1席につき100円(サルーンは400円)とします。

3 電子特急券の払いもどしは、購入時の決済額全額の払いもどしならびに、手数料相当額および一部払いもどし時の残席相当額をクレジットカードにより決済いたします。

4 電子特急券に指定された特急列車が運休等になった場合は、当社にて特急料金全額の払いもどし手続きをします。(第2項にかかわらず、払いもどし手数料は発生しないものとします。)この場合、払いもどし手続きまでに3日程度かかることがあります。

5 払いもどし金額は、決済時に使用したクレジットカード会社に利用者が登録した金融口座に、第1項の払いもどし操作を行った日、または前項の払いもどし手続きを行った日から次々回の口座振替日までに払いもどします。

(本サービスの利用にかかわる通信費用)

第15条

 本サービスの利用にかかわる通信費用等につきましては、利用者の負担とします。

(本サービスの中止・中断)

第16条

 当社は、次の各号の場合、利用者に通知することなく本サービスの提供を中止または中断することがあります。

(1)本サービスのシステムの保守を定期的または緊急に行う場合

(2)通信事業者およびプロバイダーの回線障害、システム障害等により本サービスの提供が困難な場合

(3)戦争、暴動、地震、火災、停電その他の非常事態が起きた場合

(4)その他当社が本サービスの運営上必要と判断した場合

(当社の免責)

第17条

 当社は、次の各号の損害等について一切の責任を負わないものとします。

(1)利用者が本サービスの利用のために使用している情報端末およびこれらの通信事業者やプロバイダーの回線障害、システム障害等に起因した利用者の損害等

(2)第3条第2項に定める理由により本サービスが利用できなかったことによる利用者の損害等

(3)利用者の故意・過失により、第三者が電子特急券または電子特急券情報を使用・換券・変更・払いもどし等したことに起因した利用者の損害等

(4)前条による本サービスの中止・中断に起因した利用者の損害等

(5)その他当社の故意・重過失によらず発生した利用者の損害等

(禁止事項)

第18条

 利用者は、本サービスの利用にあたって次の各号にかかげる行為を行ってはならないものとします。

(1)犯罪行為または犯罪に結びつく行為

(2)事実に反する情報を入力もしくは送信する行為、または情報を改ざんもしくは消去する行為

(3)本サービスの運営を妨げる行為

(4)クレジットカード会社と利用者との間の契約に違反し、そのクレジットカードを本サービスにおいて利用する行為

(5)第三者になりすまして本サービスを利用する行為

(6)法令もしくは公序良俗に違反し、または他の利用者もしくは第三者に不利益を与える行為

(7)前各号に定める行為を助長する行為

(8)前各号に該当するおそれがあると当社が判断する行為

(9)その他、当社が不適切と判断する行為

(利用者情報の取扱い)

第19条

 利用者は、本サービスの使用において、正確な利用者情報を当社に提供するものとします。

2 利用者は、当社が利用者情報や本サービスの利用履歴情報等を、必要な保護措置を行ったうえで以下の目的のために利用することに同意するものとします。

(1)本サービスの提供およびこれに伴う緊急連絡

(2)本サービスにおける新規サービスの追加または本サービスに関連する情報の提供

(3)本サービスの利用動向の統計分析

(利用規約の変更)

第20条

 当社は、事前に通知することなくこの利用規約(本サービスの内容を含みます)を変更することができ、変更内容を当社が適当と判断する方法で利用者に通知し、または当社のウェブサイトに掲示した後に利用者が本サービスを利用した場合、当該利用者は変更後の利用規約の内容を承認したものとみなします。

2 当社は、前項の変更に起因した利用者の損害等について一切の責任を負わないものとします。

(準拠法)

第21条

 この利用規約および本サービスに伴い利用者と当社との間で成立する契約に関する準拠法は、日本法とします。

(協議解決)

第22条

 本サービスに関連して利用者と当社との間で問題が生じた場合には、利用者と当社の間で誠意をもって協議するものとし、協議によっても解決しない紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(利用規約の効力)

第23条

 この利用規約は、2017 年 2 月 18 日より効力を有します。

(契約書の翻訳)

第24条

 この利用規約は日本語により作成されますが、当社は、この利用規約を翻訳(英語、中国語、韓国語)した参考資料を当社のウェブサイトに掲示します。ただし、この利用規約と当該資料に言語間の矛盾、相違、不一致等がある場合は、日本語により作成されたこの利用規約が優先されるものとします。

  • 利用方法
  • 利用規約
  • よくあるお問い合わせ

ご注意ください

小田急の特急ロマンスカーは、全席指定制です。ご乗車の前に、目的地までの特急券をお買い求めください。
ロマンスカーで行く 箱根
都心から身近に楽しめる、有数の観光地「箱根」の情報と箱根周遊のおとくなご案内