小田急の親子向け情報サイト「ここでね ずっとね」|小田急電鉄

この子と、ここで、ずっと暮らしていきたい。

親子の、かけがえのない時間(とき)を大切に育んでいきたい。それが、小田急の想いです。沿線で過ごす毎日が、いつまでも素敵な思い出として刻まれるように。お客さまの子育てをサポートしていきます。

  • 初めての出産。
    何をそろえておけばいいの?

    陣痛がきてから準備なんて、とてもとても。予定日から逆算して、余裕をもって入院中に必要なマタニティナイティやショーツ、ブラジャー、骨盤ベルトなどをそろえ、バッグに入れるなどして一まとめにしておきましょう。必要なものは病院から教えてもらえますが、それをご家族で共有しておくこともポイントです。

    そして、お子さまが生まれたら育児アイテムの出番。ベビー肌着、ベビードレス、おくるみやソックス、ガーゼハンカチに授乳クッション、さく乳器、母乳パッドなどなど、用意しておかないと後悔するというものがたくさんあります。また、抱っこひもや、車での移動の場合はチャイルドシートも必須。

    小田急百貨店なら、出産準備リストを配布しています。ご自分の体調や嗜好などにあわせてアイテムをセレクトし、そろえておきましょう。

    小田急百貨店 新宿店のベビー休憩室と隣接した出産準備用品売場
    育児には欠かせないアイテムの数々
  • 出産が心配…。
    突然の時、大丈夫かしら?

    突然の陣痛。特に、一人でいる時に始まったら病院に行けるかどうか心配ですよね。ご家族に連絡がつかず、付き添ってもらえない、送ってもらえないなんてこともあると思います。そんな場合のためにも、利用する交通手段を調べておくと安心です。

  • 電車に乗るのが不安。
    マタニティマークってどこでもらえるの?

    特に妊娠初期は、体調がすぐれなかったり、いたずらに不安になったりと、何かと気をもむことが多いものです。そんな不安を少しでも解消するべく持っておきたいのが、マタニティマーク・アイテム。小田急では、全駅でマタニティマーク・アイテムをお配りしています。ご必要な時は、駅係員にお声がけください。

    マタニティマーク(おなかに赤ちゃんがいます)
  • 買い物に行きたいけれど、重いものを持つのはつらい。
    どうしよう?

    大手スーパーやコンビニエンスストアでの食料品などの宅配サービスは、もはや定番のものとなりました。現在では、家事のお手伝いや家のメンテナンスなども代行してくれるサービスが、どんどん始まっています。困った時はすなおに利用した方が、ご自身の体のためにも、お子さまのためにもいいこと間違いありません。

  • 外出先でオムツを変えたい、ミルクがなくなった。
    そんな時、どうしよう?

    よく出かけるところであれば、自然とベビールームや授乳室がどこにあるかわかってきますが、初めての場所でお子さまが急にぐずったりすると、調べておけばよかったと後で後悔することに。この時期ならではの楽しい思い出をつくるためにも、リサーチは肝心です。なお、小田急線各駅にはベビー対応設備のあるトイレがあります。

    小田急沿線の駅チカ子育て施設マップ
  • ベビーカーって電車やバスで使えるの?

    もちろん使えます。時間帯によっては、電車やバスが混雑しているので、そんな時の使い方を知っておくとストレスが減るかもしれません。また、例えば小田急線の駅では、床面の段差をなるべく少なくしたり、エレベーターや多目的トイレを設置したりとバリアフリー化が進んでいますので、安心してベビーカーを使ってお出かけできると思います。

    ベビーカーを使ってのお出かけが心配?

    ベビーカー利用に対する寛容の目線は広がっていますが、それでも不安を感じられる方は多いのではないでしょうか。そこで、国土交通省が行っているベビーカーの取り組みを紹介します。

    ベビーカーにお子さまを乗せる際には、シートベルトを着用しましょう。
    エスカレーターや階段は、ベビーカーからお子さまを降ろして利用しましょう。
    ホームや車内などでベビーカーを止めている間は、向きに注意し、ストッパーをかけ、しっかり手も添えているようにしましょう。
    段差や隙間に注意してベビーカーを操作しましょう。
    駆け込み乗車はやめましょう。

  • 育児休業中に保育園を探さなくちゃ。
    なるべく駅に近いところがいいんだけど…。

    女性の就労増加に伴い、保育所の需要は高まっています。特に、駅チカの保育所は送迎などの面から非常に利便性が高く人気です。小田急では、駅チカに物件を持つことから、沿線自治体の協力を得て高架下や駅に近いショッピングセンターなどに積極的に保育所を整備しています。

    小田急が施設整備した保育園マップ
  • たまには美容院や買い物に行って、
    リフレッシュしたいんだけど…。

    認証保育所や市区町村で運営する施設として、休養や趣味などで一時的な保育が必要になる時に利用できる施設があります。詳しくは、お住まいの地域の市区町村のホームページなどで調べることができます。

    また、保育サービスはありませんが、例えば小田急百貨店や小田急のショッピングセンターなどで、お子さまが自由に遊べるスペースを用意しているところがあります。お子さまの様子を見ながら、ママパパは一息、という時間をつくってみてはいかがでしょうか。

  • なかなか家事に手が回らない。
    何とかならないかしら?

    大手スーパーやコンビニエンスストアでの食料品などの宅配サービスは、もはや定番のものとなりました。現在では、家事のお手伝いや家のメンテナンスなども代行してくれるサービスが、どんどん始まっています。困った時はすなおに利用して、その分、ココロをリフレッシュさせましょう。

  • もうすぐ小学校の受験。面接の際、どのような服装を選べば良いですか?

    小田急百貨店のホームページにて、お子さまの面接着のほか、お母さまの面接着、お子さまの小物選びなどの情報を掲載しております。

  • 小学校の入学式。どんな服で行けばいいの?

    新生活が始まる大切な日にはお祝いの気持ちを込めてハレの日にふさわしい装いで。
    「何を着ていいのか分からない」とお悩みでしたら、小田急百貨店の『パーソナルショッピングサービスサロン』にご相談ください。
    無料でお客様のお悩みやお好み、ライフスタイルに合わせて、セレモニースタイルにぴったりのお洋服をご紹介いたします。

  • 子どもの外出時が、どうしても心配。
    大丈夫かしら?

    特に低学年の内は、親の付き添いなしで遊び始めるお子さまの行動にハラハラしてしまうものです。それにあわせ、警報機能やGPS機能がついたグッズなどを持たせた方がいいかと悩み始めてしまいますよね。

    例えば小田急では、事前に登録した記名PASMOで、お子さまが小田急線の自動改札機を通過した際に、その通過情報を保護者の方の携帯電話・スマートフォンへメールでお知らせするサービス「小田急あんしんグーパスIC」があります。また、小田急線各駅では「こども110番の駅」の取り組みを実施しており、万が一の場合にお子さまが駅をお訪ねいただければ、代わりに110番通報などを行います。

    グッズだけでなく、お子さまを見守るサービスや施設を知っておくと、より安心です。

    • ※PASMOは、株式会社パスモの登録商標です
    • ※「小田急あんしんグーパスIC」の対象は、小学生、中学生および高校生となります。その他詳細、お申し込みは、小田急線各駅に備え付けの申込書またはホームページをご覧ください
    あんしんグーパス通過情報
    「小田急あんしんグーパスIC」配信メール画像(イメージ)
    こども110番の駅 ステッカー
    ©2015 Gullane (Thomas) Limited
    改札口に掲出しているステッカー
  • 今までは、保育園に子どもを預けていて。
    小学校には学童保育があるって聞いているけど、どんなところ?

    放課後や夏休みなどに、小学生を預けられる学童保育。お子さまが小学生になったとたん預け先がなくなって…という“小1の壁”問題が表面化してきたことからも、注目を集めています。学童保育は大きく2つに分かれており、自治体が直接運営する公設学童保育と、民間事業者が運営する民間学童保育があります。

    現在、公設学童保育については、保育園同様に運営基準の明確化が図られ、また、これまではだいたい小学3年生くらいまでのお子さまが対象者でしたが、全ての小学生が利用可能となりました。

    一方、民間学童保育には、公設学童保育にはないサービス(夜までのお預かり、送迎サービス、習い事など)があります。利用希望者は年々増えてきており、学習塾やスポーツクラブが学童保育のようなサービスを始めるなど、お子さまの居場所づくりが広がっています。

    小田急こどもみらいクラブ(民間学童保育)と公設学童保育

    小田急こどもみらいクラブ
    (民間学童保育)
    公設学童保育
    対象学年 ・小学1~6年生 ・小学1~6年生
    預かり時間 ・19時まで(基本料金内)
    ・最長21時まで(別料金)
    ・おおむね18時まで
    定員 ・40人程度 ・各施設によって異なる
    私立対応 ・あり ・あり(学校に併設されているため利用はほぼない)
    送迎 ・クラブ指定の小学校へのお迎えあり ・学校に併設されているため送迎は不要
    おやつ ・あり ・あり
    食事 ・昼食、夕食手配可能
    ・アレルギー食材への一部対応可能
    ・なし
    長期休み中の対応 ・有料イベントあり ・なし
    料金 ・週1日15,012円~週5日52,272円(月額)
    (ベーシックコース・お迎え有り・通常月)
    ・各施設によって異なる(主におやつ代として約5,000円)
    その他 ・サピックス通信教材を利用したコースあり
    ・駅近くの店舗
    -
    • ※2017年4月1日現在。詳細はお住まいの地域の市区町村または各施設にご確認ください
    • ※料金は税込です
    • ※上記の公設学童は世田谷区内のものを記載しています
  • そういえば、最近、健康診断を受けていないかも。
    でも、なかなか行く時間が…。

    仕事や家事に追われ、健康診断を受けにいこうと思ってもなかなかうまくいかないものですよね。最近では、手軽な健康チェックサービスが広がっているようです。小田急線でも、登戸駅では、1項目500円(税抜)~で結果がその場で分かる、セルフ健康チェックサービスがあります。

  • 小学校の入学式や卒業式などのセレモニー、同じ服装で良いの?

    新生活が始まる大切な日にはお祝いの気持ちを込めてハレの日にふさわしい装いで。
    「何を着ていいのか分からない」とお悩みでしたら、小田急百貨店の『パーソナルショッピングサービスサロン』にご相談ください。
    無料でお客様のお悩みやお好み、ライフスタイルに合わせて、セレモニースタイルにぴったりのお洋服をご紹介いたします。

お子さまと一緒にお出かけするのにオススメの、小田急沿線のスポットを紹介します。

小田急沿線のお出かけマップ

経堂コルティや成城コルティからは、走る小田急の電車が見られます。お子さまと一緒になって電車、特に小田急に詳しくなって楽しむなら、「おだきゅうキッズ」「バーチャル鉄道博物館」は見ていただく価値あり。

そして、電車グッズが好き。それも小田急グッズ、ロマンスカーグッズなら専門店「TRAINS」がオススメです。お店は、小田急線新宿駅西口と和泉多摩川駅前にあります。また、海老名ではビナウォーク内に、鉄道模型のお店ポポンデッタとタイアップした「ポポンデッタ with 小田急トレインギャラリー」が出店しています。

この他、お出かけする場所をお探しなら「沿線おすすめ情報 by 小田急に乗って」や「小田急沿線 自然ふれあい歩道」「小田急のくらし」「ODAKYU VOICE」などのホームページもお役に立つと思います。

  • ※「おだきゅうキッズ」「バーチャル鉄道博物館」をご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要です
  • ※Adobe Flash Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です
経堂コルティからの眺め
成城コルティからの眺め

小田急沿線お出かけスポット 公園編

小田急沿線には、家族のお出かけにぴったりの特徴的な公園が数多く点在しています。
自然や動物とのふれあい、遊具、眺望など、目的にあわせて訪れてみてください。

※データは2017年1月現在のものです。

参宮橋 代々木ポニー公園

都会の中でポニーに会える♪

親子乗馬や引き馬乗馬※など、ポニーとのふれあいを気軽に体験できる「ポニ公」の名前で親しまれている公園。明治神宮の緑と新宿副都心のビルを眺めながら、ゆったりとした時間が過ごせます。親子乗馬・引き馬乗馬は、1〜2月、7〜9月半ばの期間は休みとなるのでご注意を。

DATA
  • 渋谷区代々木神園町4-1
  • 03-3373-9996
  • 9:00〜17:00 ※気象状況により変更の場合あり
  • 月曜(祝日の場合、翌日)
  • 入園無料
  • 小田急線・参宮橋駅より徒歩約2分

千歳船橋 都立砧公園

楽しみ方いろいろの憩いの場

天気の良い休日にはお弁当を広げる家族でにぎわう憩いの公園。カルガモやコサギなど野鳥の様子を観察窓から見ることができる「バードサンクチュアリ」や子どもに人気の「アスレチック広場」のほか、園内の一画には「世田谷美術館」もあり、楽しみ方もいろいろ。

画像提供:公益財団法人東京都公園協会

画像提供:公益財団法人
東京都公園協会
DATA
  • 世田谷区砧公園1-1
  • 03-3700-0414
  • 終日開放
  • 無休
  • 入園無料(一部有料施設あり)
  • 小田急線・千歳船橋駅よりバス「砧公園緑地入口」下車すぐ

喜多見 きたみふれあい広場

電車基地の上にある公園

小田急電鉄の喜多見電車基地の上にある公園。ちびっ子広場やトンボ池などがあり、展望広場からは国分寺崖線の緑や、晴れた日には富士山や丹沢の山々を眺めることができます。また、すぐそばの野川緑道などともあわせて整備され、散策にもぴったりです。

DATA
  • 世田谷区喜多見9-25-5
  • 03-3417-9575(砧[地域]公園管理事務所)
  • 6:30〜17:30(4〜9月は6:30〜19:30)
  • 無休
  • 入園無料
  • 小田急線・喜多見駅より徒歩約7分

海老名 神奈川県立相模三川公園

水に親しむ河川公園

相模川・中津川・小鮎川の合流点の上流につくられた神奈川県立都市公園初の河川公園。見晴らしが良く、丹沢や大山を望むことができ、広い芝生広場やパークゴルフ場、子どもたちに大人気のローラーすべり台がある大型複合遊具など施設も充実しています。

DATA
  • 海老名市上郷2-1-1
  • 046-236-5008
  • 終日開放
  • 無休
  • 入園無料(一部有料施設あり)
  • 小田急線・海老名駅より徒歩約20分 ※利用時間、休みはパークゴルフ場など一部施設により異なる

新松田 西平畑公園

すべり台、ミニSLとレジャーにぴったり!

見晴らしの良い斜面には大きなすべり台があり、ミニSLやハーブガーデン、自然館と松田山の地形を生かしたレジャー施設が点在。天気の良い日には、小田原城の天守閣をはじめ、足柄山の大パノラマ、遠く地平線上には伊豆諸島の利島(としま)を見渡せます。

DATA
  • 足柄上郡松田町松田惣領2951
  • 0465-85-1177
  • 9:00〜17:00(冬季は9:00〜16:00)
  • 月曜(祝日の場合、翌日)
  • 入園無料(一部有料施設あり)
  • 駐車場70台(1台500円)
  • 小田急線・新松田駅より徒歩約25分 ※ミニSLは土日祝のみ運行。利用時間、休みは一部施設により異なる

小田原 県立おだわら諏訪の原公園

全長169mのローラーすべり台!

里山の自然や地域文化とふれあいながら、散策やレクリエーションなどに最適な公園。丹沢の山並みを背景に足柄平野が一望できる展望広場や、開放感あふれる芝生の多目的広場に加え、県立都市公園としては最長規模の169mのローラーすべり台は圧巻です!

DATA
  • 小田原市久野3821-1
  • 0465-34-0404
  • 終日開放 ※施設により異なる
  • 無休
  • 入園無料
  • 小田急線・小田原駅よりバス「県立諏訪の原公園」下車すぐ

大和 泉の森

自然豊かな引地川源流の森

引地川の源である大和水源地を中心に広がり、約600種類の植物や年間約80種類の鳥類を観察できる公園。日本最初の木製の斜張橋「緑のかけ橋」は公園のシンボル的存在で、「自然観察センター・しらかしのいえ」や「郷土民家園」など施設も充実。

DATA
  • 大和市上草柳1728
  • 046-264-6633
  • 終日開放(自然観察センターは9:00〜17:00)
  • 無休(自然観察センターは月曜[祝日の場合、翌日])
  • 入園無料
  • 小田急線・大和駅より徒歩約25分 ※利用時間は一部施設により異なる。所在地、電話番号は「自然観察センター」に準ずる

小田急多摩センター 多摩中央公園

芝生広場はピクニックにも最適

多摩ニュータウンのシンボル的な公園で、近代的な「パルテノン多摩」の建物と大きな池、芝生広場が特徴的。開放感あふれる芝生広場は、週末は家族連れを中心としたピクニックの場となっており、ゆったり過ごすにはぴったりの場所です。

DATA
  • 多摩市落合2-35
  • 042-338-6837
  • 終日開放
  • 無休
  • 入園無料
  • 小田急線・小田急多摩センター駅より徒歩約5分

誰もが快適に電車や駅を利用するために。

電車や駅は公共の場所でもあり、多くの人が利用します。思わぬ事故やトラブルを避け、安全かつ快適に利用する方法をピックアップしました。

私もママです

小田急電鉄株式会社
車掌 飯塚 明依さん

私が気を付けているのは、時間に余裕をもって出かけることです。余裕がないと、つい駆け込んで乗車してしまう危険性があるからです。駆け込み乗車は、お子さまをドアにはさんでしまうなど危険な場合もあるので、絶対にやめましょう。また、私が子どもと一緒に乗車する際は後ろ寄りの車掌に近い号車を利用しています。車掌から見える位置だと、スムーズに乗り降りができない場合などに助けを求めやすく、安心して乗車することができます。

お子さまと一緒に電車でお出かけ。電車の利用に関するルールをご理解いただくことが事故やトラブルから、お子さまを守ることにもつながります。

  • 駅のホームでは、線路に転落したり、電車と接触しないよう点字ブロックの内側を歩きましょう。スマートフォンなどを見ながらの「ながら歩き」は人や物にぶつかって転んだり、線路に転落する危険があるので、やめましょう。

  • ホームには、水はけのために、傾斜がついている場所があります。電車の到着まで、ベビーカーの車輪を必ずロックして、手を離さないようにしてください。

  • 電車は事故防止のために、急ブレーキをかけることがあります。また、カーブなどで電車が揺れ、バランスを崩されることがありますので、お立ちの際は手すりなどにおつかまりください。

  • かけこみ乗車は大変危険です。ベビーカーや何か物をドアにはさんでも、自動でドアは開きません。

  • 電車のドアが開く前に、手やカバンなどがドアにふれていると、戸袋に引き込まれるおそれがあります。特に、お子さまはドアに手をついて外を見ていることがあるので、お気を付けください。

  • ホームと電車の間には、すき間のある駅があります。すき間に落ちたりしないように、電車に乗り降りする時はお子さまに注意してください。

駅や電車の中で事故やトラブルが起きた時、見かけた時に、駅の係員や電車の乗務員が近くにいないことがあると思います。そんな時のために、係員や乗務員に事故やトラブルを知らせる4つの方法があります。

電車をすぐに止める場合
非常停止ボタン (駅に設置)

人が線路に転落した場合など、電車をすぐに止めなければならない時に押してください。

非常ボタン (踏切に設置)

踏切内でベビーカーの車輪がはさまって取れなくなった場合、車が立ち往生した場合など、電車をすぐに止めなければならない時に押してください。

係員を呼ぶ場合
駅係員よびだしインターホン (駅に設置)

駅で体調を崩したり、何かお困りの時、そのような方を見掛けた時に駅係員を呼び出すためのボタンです。ボタンを押したら用件をお伝えください。

非常通報ボタン (電車内に設置)

電車の中で急病人がいる場合などに、乗務員に異常を知らせるボタンです。通話ができるタイプのボタンを押された時は、用件をお伝えください。

小田急がご用意する、親子サポート施設・サービスなどを紹介します。

ページトップへ