ロマンスカーギャラリー

ROMANCECAR GALLERY

時代を彩った5車種の
ロマンスカーが並ぶ
ギャラリー

時代を超えて愛される歴代ロマンスカーが勢ぞろいするギャラリーです。これまで引退した5車種のロマンスカーが初の常設展示となります。

検車庫のなかを探検しているような雰囲気のなか、間近でロマンスカーを眺めたり、個性豊かな車両を見比べたりしてお楽しみください。一部車両は内部にもお入りいただけます。

visual

展示車両

EXHIBITION VEHICLE
SE(3000形)

SE(3000形)

1957~1992年
高性能特急専用車両として登場し、当時の狭軌鉄道世界最高速度145km/hを達成しました。先頭車2両と中間車1両が展示されています。先頭車のうち1両は、1968年以降に国鉄時代の御殿場線への乗り入れのために改造された車両です。

NSE(3100形)

NSE(3100形)

1963~1999年
小田急線で初めて展望席と2階の運転席を導入した車両です。先頭車2両と中間車1両が展示されています。

LSE(7000形)

LSE(7000形)

1980~2018年
直線的でスピード感のあるフォルムが特徴の車両で、2018年まで長きにわたり運用されました。先頭車1両が展示されています。

HiSE(10000形)

HiSE(10000形)

1987~2012年
眺望性に優れた大きな窓とハイデッカー構造が特徴の車両です。先頭車1両が展示されており、ロマンスカーの特徴のひとつである連接台車もご覧いただけます。

RSE(20000形)

RSE(20000形)

1991~2012年
JR御殿場線への乗り入れのために新たに製造された車両で、小田急線で初めて2階建て構造の客席が導入されました。先頭車1両と中間車1両が展示されています。

ODAKYU HISTORY TIMELINE

⼩⽥急電鉄の歴史をまとめた企業年表や、⼩⽥急電鉄の⼀⼤事業である複々線化(地下トンネル構造)を学べる模型を展⽰しています。

場所 ロマンスカーアカデミアⅠ

フロアガイド

ODAKYU HISTORY TIMELINE

その他のゾーン

OTHER ZONES

イベント&プログラム

EVENT & PROGRAM
イベント&プログラム一覧へ