お知らせ

NEWS
  • イベント&プログラム
  • プレスリリース

【10月12日(水)~11月7日(月)】「鉄道の日」はミュージアムを探検気分で満喫!「Thanks Train’s Day」を開催

ロマンスカーミュージアムは、2022年10月12日(水)~11月7日(月)まで、鉄道の文化や魅力を体感していただける「Thanks Train’s Day」を開催します。
10月14日の「鉄道の日」にあわせ、かつてからロマンスカーが乗り入れしている“箱根登山鉄道”をキーワードに、時代とともに発展し、旅や暮らしを支えている鉄道文化に触れていただけるプログラムとなっています。
メモリアルイヤーの鉄道の日を、ぜひロマンスカーミュージアムでお楽しみください。

1.アートギャラリー「大橋史明写真展 箱根登山鉄道の世界」

箱根登山鉄道写真家・大橋 史明氏のアートギャラリー「大橋史明写真展 箱根登山鉄道の世界」を開催します。
1935年から活躍している100形電車と、車両を支える検車区の整備士などの写真をメインに展示します。検車庫をイメージした当館のロマンスカーギャラリーで、まるで箱根登山鉄道の車両基地の中を探検しているような、特別感をご体感いただけます。
車体のディテールの美しさを感じる渾身のアートギャラリーを歴代ロマンスカーとともにご鑑賞ください。

開催期間:2022年10月12日(水)~11月7日(月)
開催場所: ロマンスカーギャラリー
料  金:無料
協  力:箱根登山鉄道株式会社、株式会社ビーアンドピー
協  賛:株式会社アーアル研究所、東邦電機工業株式会社、
株式会社オーシーエス、塩沢製作所
※別途、入館料が必要です。

【大橋 史明(おおはし ふみあき)】
1996年滋賀県生まれ。2018年東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。卒業制作として箱根登山鉄道写真集「Tozan」を出版。在学中より箱根登山鉄道のポスター等の写真を多数撮影し、2021年より小田急箱根HD「箱根ナビ」Instagramフォトグラファー。今年7月にキヤノンギャラリー銀座にて個展を開催。

2.大橋 史明氏×箱根登山鉄道車掌 ギャラリートーク

「“箱根登山鉄道のココが好き!” 現役車掌さんと語りあう登山電車の魅力」

大橋 史明氏と箱根登山鉄道乗務員・石井車掌によるギャラリートークを開催します。
日本一の急坂やスイッチバックなどが特徴の箱根登山鉄道の面白さ、情緒あふれる四季折々の車窓、沿線の観光施設・温泉、豆知識など、箱根登山鉄道をこよなく愛する写真家と現役車掌のお2人がお届けします。 

開 催 日:2022年10月22日(土)
開催時間:11:00~12:00、14:00~15:00
開催場所:ヒストリーシアター
料 金:無料
※別途、入館料が必要です。

【石井 幹也(いしい みきや)】
神奈川県小田原市生まれ、小田原育ち。学生時代は昆虫学者になるために様々な研究・勉強をするも昆虫では食べていけないと悟り、幼い頃の夢であった鉄道員を目指し、2018年に箱根登山鉄道入社。“細かすぎる”観光放送が特徴の車掌。趣味はクラシックカメラ。

3.大橋 史明氏×世界を巡る写真家・小澤 太一氏 ギャラリートーク

「“赤道×鉄道⁈” 言葉を超えた写真の面白さ」

大橋 史明氏と写真家・小澤 太一氏によるギャラリートークを開催します。
赤道直下の国々を中心に世界中の子どもたちを撮影する小澤氏と、人々と電車、そして電車と森の関わりを探求することをテーマに箱根登山鉄道を撮影する大橋氏。両氏は、言葉では説明できない写真ならではのメッセージを人々に投げかけてきました。
大橋氏の写真の魅力のひとつである鉄道写真の常識にとらわれないドキュメンタリー性や、鉄道写真の枠組みを超えた「写真というメディアの面白さ」を語ります。

開 催 日:2022年11月6日(日)
開催時間:11:00~12:00
開催場所:ヒストリーシアター
料  金:無料
※別途、入館料が必要です。

【小澤 太一(こざわ たいち)】
1975年名古屋生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・河野英喜氏のアシスタントを経て独立。雑誌や広告を中心に、子どもからアーティスト・女優まで幅広く撮影。写真雑誌の執筆や撮影会の講師・講演など多岐に渡り活動。ライフワークは「世界中の子どもたちの撮影」。

4.箱根登山鉄道メニューを販売

ミュージアムカフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」では、大橋 史明氏が撮影した箱根登山鉄道の写真をプリントされた、「飲める車両図鑑 夕暮れの登山電車」と、「晩秋の登山電車 クールケーキ」を販売します。

販売期間:10月12日(水)~11月7日(月)
販売場所:ミュージアムカフェ「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」
販売商品:
・「飲める車両図鑑 夕暮れの登山電車」704円(税込)
・「晩秋の登山電車 クールケーキ」  704円(税込)
※テイクアウトは税率8%となります。
※ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSEは入館料なくご利用いただけます。

5.ジオラマパークに通勤車両(9000形・2600形)の模型を展示

通勤車両(9000形)の就役50周年記念と、2022年10月2日(日)をもって営業終了・移転となる小田急百貨店本館に感謝と応援の気持ちを込めて、ジオラマパークに通勤車両(9000形・2600形)の車両解説パネルと鉄道模型(HOゲージ)を展示します。
2600形は、1967年に小田急百貨店新宿店本館の完成を記念して運行した特別塗装で華やかに登場します。

展示期間:2022年10月12日(水)~11月7日(月) 
展示場所:ジオラマパーク
※メンテナンスにより運休の場合がございます。