Top > Profile

profile

小田急ロマンスカー・VSE(50000形)

箱根観光用のロマンスカーとして「VSE(Vault Super Express)(Vault(ヴォールト)(英)=ドーム型の天井、天空、空間の意)」と名付けられた、VSE(50000形)は、2005年3月19日に運転を開始しました。

室内高を2.55mとし、風景を存分に楽しめる展望席を設置したほか、迫力のある眺望を楽しめる連続窓の採用や、高いドーム型の天井などの居住性とともに、快適な乗り心地を実現するため、車体傾斜装置などさまざまな技術を採用しました。

この他に「補助警報音」、そして、車両のデザイン性と機能性を極める「連接台車」など、ロマンスカーの伝統と魅力をモダンに昇華させたほか、コンパートメント形式のサルーンなど、上質なサービスを提供するための工夫が随所に施されています。

外観の色彩は、やさしく細やかに輝くシルキーホワイトを基本色とし、特急ロマンスカーの継承してきたカラーであるバーミリオン・オレンジをベースとした鮮やかな帯(バーミリオン・ストリーム)を窓下の高い位置に配置しました。

車両の総合デザインは、岡部憲明アーキテクチャーネットワークが担当しました。

デビューして間もないころのラインナップ

data

VSE
Vault Super Express
総合デザイン
岡部憲明アーキテクチャーネットワーク
編成
10両×2編成
定員
358席
受賞歴
2005年度グッドデザイン賞受賞
2006年鉄道友の会ブルーリボン賞受賞
Design for Asia Award 2006 Grand Awards受賞
iF product design award 2007 デザイン賞受賞

history

2003

10月6日

新型ロマンスカー(車両形式:50000形)製造決定を発表

2004

11月29日

2005年3月より営業開始の新型ロマンスカー(車両形式:50000形)の車体完成と、愛称『VSE(Vault Super Express)』を発表

2005

1月13日

3月19日(土)からの営業運転開始を発表

3月19日

営業運転開始(運転本数:平日5往復、土休日6往復)
※下り1番列車:スーパーはこね9号新宿発9時00分、小田原着10時08分、箱根湯本着10時25分
※上り1番列車:はこね10号箱根湯本発10時47分、小田原発11時06分、町田発11時48分、新宿着12時19分

2006

1月14日〜

2005年度グッドデザイン賞受賞記念として同車両2編成の1号車・10号車先頭部側面と3号車・8号車乗降用ドア(号車表示下部)にグッドデザイン賞の「Gマーク」を掲出して運転

3月19日〜

運転開始1周年にあわせ、入線時・出発時に補助警報をともに2フレーズ鳴らす
※新宿駅、町田駅、小田原駅、箱根湯本駅の到着時・出発時

2007

1月1日

臨時特急ロマンスカー「ニューイヤーエクスプレス」で初めてVSE(50000形)を使用して運転
(ニューイヤーエクスプレス7号 新宿駅2時30分発、片瀬江ノ島3時36分着)

2008

6月1日〜7月16日

鉄道の運行では日本初、環境月間にあわせVSE(50000形)2編成をグリーン電力で運行

2015

3月19日〜

就役10周年記念イベント開催

10月17日、18日

「小田急ファミリー鉄道展2015」にて、VSE(50000形)を初めて展示

2019

9月10日〜11月3日

ラグビーオーストラリア代表「ワラビーズ」を応援する、「ワラビーズ号」をVSE(50000形)で運転

2020

1月10日〜6月30日

「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」の一環として、「Romancecar VSE feat.EVA」を運行。

2021

10月1日〜

2050年に小田急グループのCO2排出量実質「0」の達成に向けて策定した「小田急グループカーボンニュートラル2050」の取り組みとして、VSE(50000形)2編成を「ゼロカーボン ロマンスカー」として運行
※2022年2月まで

12月17日

VSE(50000形)の通常ダイヤでの定期運行終了を発表