民族衣装 -異文化へのまなざしと探求、受容-の画像

世界では多様な民族衣装が着られている。情報が少なく世界が隔てられていた時代には、自分たちと異なる民族が着ている衣服を知ることは容易ではく、それを知ることは人々の好奇心を満たした。ヨーロッパや日本において、アジアやアフリカの民族衣装がどのようにとらえられてきたのかを探る。またデザインやカッティングなどに民族衣装の影響を受けたヨーロッパのドレスを、元となった民族衣装とともに紹介する。混雑時は入館制限あり。状況により開館日・開館時間などが変更になる場合あり(文化学園服飾博物館の公式サイトで確認を)。

イベント詳細

最寄り駅 小田急線「新宿」駅
アクセス 小田急線「新宿」駅下車 南口より徒歩約7分
料金 入館料:一般500円、大学・専門学校・高校生300円、小・中学生200円
開催期間 2021年11月1日(月)~2022年2月7日(月)10時~16時30分 ※入館は閉館の30分前まで。日曜日・祝日・振替休日・年末年始(12月28日~1月5日)休館
住所 文化学園服飾博物館(渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F)
お問い合わせ 文化学園服飾博物館
TEL 03(3299)2387
ウェブサイト https://museum.bunka.ac.jp/
掲載の情報は天候その他の理由により変更になることがあります。
内容に関するお問い合わせは各イベントの主催者・会場までお願いします。
情報提供: イベントバンク

このページをシェア