ホームドア

ホームドア
  • 安全対策のひとつ「ホームドア」の設置を推進

    • 2019年度/代々木上原駅(1、4番ホーム)・東北沢駅※1・世田谷代田駅※1・梅ヶ丘駅
    • 2020年度/下北沢駅(地下2階ホーム)
    • 2022年度までに/新宿駅・登戸駅・町田駅・相模大野駅など8駅※2
    1. 既に使用を開始
    2. 1日の利用者数10万人以上の駅。藤沢駅は、大規模改良工事に合わせて計画するため時間は未定。
  • 危険を知らせる安全対策も実施

    ホームドアのない一部の駅・ホームでは、線路への転落や列車との接触防止を図るため、ホーム端をオレンジ色に塗装し、視覚・心理的に注意喚起する「CP(Color Psychology)ライン」を導入しています。さらに、列車の進入・発車時や、ホームに列車が停車していない時に黄色い点状ブロックより線路側に人がいる場合、センサーが検知し注意喚起放送を行う「ホーム注意喚起システム」を設置しています。

    CPライン
    ◼︎CPライン
    ホーム注意喚起システム修工事
    ◼︎ホーム注意喚起システム

騒音対策

騒音対策
  • 防音車輪やロングレールを導入

    線路のカーブ区間では、車輪とレールの摩擦による音が発生することがあります。小田急では、この音の原因となる車輪の振動を抑える「防音車輪」を全車両に導入しています。また、レールの継ぎ目を通過する際に発生する音や振動を減らし、乗り心地を向上させるため、レールを溶接し継ぎ目をなくした「ロングレール」を採用しています。

    防音車輪
    ◼︎防音車輪
    ロングレール
    ◼︎ロングレール
  • 車輪のフラット対策も実施

    雨などでレールが滑りやすい状態となった際、急ブレーキをかけると、車輪がロックし一部がすり減り「フラット」と呼ばれる平面状の箇所が発生します。このフラットは騒音・振動の原因にもなるため、小田急では車両に滑走防止制御装置(ABS)を搭載しています。また、フラットを検出する装置を沿線に設置して早期発見に努めるとともに、車輪を正円にする削正作業を実施しています。

    フラットの発生
    ◼︎フラットの発生

2019年度小田急の設備投資計画

2019年度小田急の設備投資計画
  • サービスの向上

    新型通勤車両(5000形)の導入をはじめ、特急ロマンスカー・EXE(30000形)や通勤車両(1000形)のリニューアルを進め、快適な輸送サービスを提供します。さらに、参宮橋駅、向ヶ丘遊園駅、片瀬江ノ島駅などの駅舎改工事により、魅力的な駅づくりを進めます。

    新型通勤車両5000形
    ■新型通勤車両5000形
    片瀬江ノ島駅
    ■片瀬江ノ島駅
  • 安全対策の強化

    今年度中に、代々木上原駅(1、4番ホーム)、東北沢駅、世田谷代田駅、梅ヶ丘駅へのホームドアの設置工事を進め、ホーム上の安全性を高めます。また、法面の改修や耐震補強を実施し、自然災害や大規模地震による被害を最小限に抑えるほか、高機能障害物検知装置の更新などにより、踏切の安全対策を推進します。

    ホームドアの設置
    ■ホームドアの設置
    法面の改修工事
    ■法面の改修工事

駅向上対策

駅向上対策
  1. ホームの延伸

    より快適な輸送サービスをご提供するため、代々木八幡駅と開成駅のホーム延伸工事を行ってきました。この工事完了に伴い、3月16日のダイヤ改正から新宿駅~代々木上原駅間で10両編成による各駅停車の運転を開始したほか、開成駅でも10両編成の急行が新たに停車するようになりました。

  2. 駅舎のリニューアル

    現在小田急では、人や環境にやさしい駅づくりを目指し、駅舎のリニューアルを進めています。代々木八幡駅は、改札内外にエレベーターを設置することでより便利な駅舎に。下北沢駅は、太陽光パネルや自然光を取り入れることが可能なガラス屋根の採用など、環境に配慮した駅舎へと生まれ変わります。このほか、参宮橋駅および片瀬江ノ島駅でも、快適な駅空間づくりに向けたリニューアル工事を進めています。

省エネ対策

省エネ対策
  1. 電車の省エネ対策

    現在、全ての編成で、ブレーキ時に発生させた電力を架線に戻し、他の電車に供給する「回生ブレーキ」を搭載しています。また、電車を動かす際に必要なモーターの回転数を効率よく制御することで、これまでの抵抗制御にくらべ使用電力が削減可能なVVVFインバータ制御装置※1も搭載しています。さらに、これらのVVVFインバータ制御装置に比べ、使用電力を約40%削減できる最新のVVVFインバータ制御装置※2をロマンスカー・GSEや通勤車両1000形などに採用しています。

    ※1:一部の車両を除く ※2:フルSiC適用のVVVFインバータ制御装置

  2. 駅舎の省エネ対策

    駅舎では、消費電力が蛍光灯に比べ約半分となるLED 照明へと順次切り替えています。また、天井には採光性にすぐれた素材を採用するなど、太陽光を活用することで日中における照明の使用電力削減に努めています。さらに、人を感知することで作動する券売機を全ての駅に導入するなど、照明以外の使用電力の削減にも努めています。

段差解消対策

段差解消対策
  1. 全ての駅で段差を解消

    全ての駅にエレベーターやスロープを設置したことで、改札口からホームまで段差なくスムーズに移動できます。これにより車いすやベビーカーをご利用のお客さまなども安心・快適にご利用いただけます。

  2. 乗り降りの段差を緩和

    車いすやベビーカーをご利用のお客さまなどが、安心して乗り降りできるよう、低床車両の導入やホームのかさ上げ工事を進め、車両とホームの段差を緩和しています。

駅係員によるサポート

民間資格である「サービス介助士」を取得した駅係員を配置。お身体の不自由なお客さまや高齢のお客さまの移動を適切にサポートしています。

自然災害対策

自然災害対策
  1. 風雨などの状況を24時間監視

    強風や大雨、地震などの自然災害に備えるため、小田急全線の各地には風速、雨量、河川水位、地震(ガル値)などを観測するさまざまな計測機器を設置しています。運輸司令所では、「地震・気象情報監視システム」により24時間リアルタイムにこの情報を収集し、監視しています。

  2. 運輸司令所が迅速に対応

    運輸司令所では、「地震・気象情報監視システム」により全線各地の状況を把握することができます。風速や雨量などの各観測値が規制基準に達した際には、速度規制や運転見合わせなどの対応を速やかに実施します。

小田急からのお願い

お客さま一人一人の交通マナーへのご協力が、安全に、そして安心して鉄道をご利用いただける環境づくりにつながります。

駅や電車の中で心掛けるべきマナーを、ショート漫画「耐え子の日常」で紹介。どんな不遇な目に遭っても「平気平気!」と笑顔で応えながら耐えてしまうOL・辛抱耐え子が小田急線に登場。どのようなストーリーが繰り広げられるのか…ショート漫画を楽しみながら心掛けたいマナーについても学べるポスターシリーズです。

荷物マナー

歩きスマホ

快適乗車

安全報告書

お客さまに「安全」と「安心」を。
安全に関する鉄道事業の取り組みをご報告いたします。

関連情報