どなたにでも安心して鉄道をご利用いただけるよう、駅の段差解消や多目的トイレの設置などのバリアフリー化を推進しています。

設備概要

駅の段差解消

移動の支障となる段差を解消するため、エレベーターや車いす用スロープの設置を進めてきました。これまでに全70駅で改札口から各ホームまで段差なく移動できるようになっています。

エレベーター
エレベーター

多目的トイレ

車いすをご利用のお客さまやオストメイト※のお客さま、小さなお子さま連れのお客さまにも安心してご利用いただける「多目的トイレ」の設置を進めています。現在、全70駅のトイレが車いす・オストメイト対応になっています。

  • 人工肛門や人工ぼうこうをお持ちのお客さま
多目的トイレ
多目的トイレ

行先案内表示装置

代々木八幡駅を除く全駅で、行先案内表示装置の設置が完了しています。

行先案内表示装置(LED)
行先案内表示装置(LED)

異常時運行情報ディスプレイ

小田急線で運行異常が生じた際、最新状況や他社線への振替輸送経路などをご案内するもので、31駅42カ所に設置しています。

異常時運行情報ディスプレイ
異常時運行情報ディスプレイ

筆談器

耳の不自由なお客さまがご利用しやすいよう、全駅の改札口に筆談器を設置しています。

筆談器
筆談器

誘導チャイム、触知案内板

目の不自由なお客さまがご利用しやすいよう、すべての券売機に点字案内を備え付けているほか、改札口や券売機などの場所をご案内する「触知案内板」を全駅に設置しています。また、改札口の場所を音で知らせる「誘導チャイム」を全駅に設置しています。さらにホームから出口に通じる階段の位置を、鳥のさえずり音でお知らせする装置の設置を進めています。

サービス介助士

体の不自由なお客さまや高齢のお客さまの、歩行介助や車いすの介助など、電車の乗り降りや駅構内の移動を適切にお手伝いすることのできる知識、技能を習得した者に与えられる民間資格「サービス介助士」を取得した係員を配置しています。

サービス介助士
サービス介助士

LED・LCD(液晶ディスプレイ)表示器

下記の通勤車両・特急車両の車内ドア上部分に、LEDやLCD表示器を設置し、停車駅などの情報を文字で分かりやすくお知らせしています。また、下記の通勤車両のLCD表示器については2画面化を進めており、運行情報のほか、ニュースや沿線情報などについてもお知らせしています。

LED
LED
LCD
LCD
LED・LCD表示器設置車両
LED LCD
通勤車両 3000形(1〜3次車)、2000形、1000形(ワイド車、8両編成、10両編成)、8000形 4000形、3000形(4次車以降)1000形リニューアル車
特急車両 MSE(60000形)、EXE・EXEα(30000形) GSE(70000形)、VSE(50000形)

車いすスペース

下記の通勤車両・特急車両に車いすスペースを設置しています。

車いすスペース
車いすスペース
車いすスペース設置車両
通勤車両 4000形、3000形、2000形、1000形の一部、8000形
特急車両 GSE(70000形)、MSE(60000形)、VSE(50000形)、EXE・EXEα(30000形)、LSE(7000形)

非常通報装置

列車の運行中に急病人が生じた場合などに、乗務員に異常を知らせる非常通報装置を全車両に設置しています。また、下記の通勤車両・特急車両には、乗務員と直接通話することのできる「対話式非常通報装置」を備え付けています。

対話式非常通報装置
対話式非常通報装置
対話式非常通報装置設置車両
通勤車両 4000形、3000形、2000形、1000形の一部、8000形
特急車両 GSE(70000形)、MSE(60000形)、VSE(50000形)、EXE・EXEα(30000形)

各駅設備一覧

小田急線各駅でご利用いただける設備のご案内です。

詳細は各駅設備一覧をご覧ください。