GSE (70000形)

箱根に続く時間(とき)を優雅に
走るロマンスカー

GSE (70000形)

車種の特徴

「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」というコンセプトのもと開発された「ロマンスカー・GSE(70000形)」は、2018年3月に就役。
GSEとは、「Graceful Super Express」の略で、「優雅な」という意味を持つ「Graceful」を用いて名付けられました。

最大の魅力は、車内からのダイナミックな眺望。
ロマンスカーの象徴である展望席は、前面窓に大型の1枚ガラスを使用しているほか、先頭車両は荷棚を無くすことでよりダイナミックな眺望と開放的な空間を創出しています。
さらに、車体側面には高さ1mの連続窓を採用。どの座席からでも、車窓を通して沿線の風景を存分にお楽しみいただけます。

車体色は薔薇の色を基調とした「ローズバーミリオン」とし、側面にはロマンスカーの伝統色である「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらっています。

GSEの車内限定コンテンツとして「Romancecar Link」を搭載。現在地マップや展望ライブカメラ映像、オリジナル動画などがお楽しみいただけます。

また、ユニバーサルデザインを採用し、どなたにも使いやすい手すりをはじめ、案内用の点字や改良型ハンドル形電動車いす対応のトイレを設置するなど、安心してご利用いただけます。

一般席

ゆとりのある座席に、快適な設備で、
くつろぎのひとときを。

ロマンスカー最大の座面幅となるシートのため、ゆったりとお座りいただけます。また、座席下(一部座席を除く)には荷物収納スペースを確保しており、ご旅行の際に活躍します。
さらに、お客さまのニーズにお応えして、各座席の肘掛部にはコンセントを設置しています。

テーブル 各シートの肘掛けに収納されており、シートを向かい合わせにしたときも各自テーブルが使えるようになっています。ノートパソコンを置くこともできるサイズなので、ビジネスシーンにも最適です。
シートの回転 シート側面のレバーを引く事で180°回転することができます。

展望席

開放的な車内空間の中で、
ダイナミックな眺望を堪能

展望席前面窓の大型1枚ガラスは、ロマンスカー・VSEよりも30cm高くすることで、広い視野を実現。
移りゆく風景と一体化していくような感覚をお楽しみいただけます。

座席数

1号車と7号車の車端に、2席+2席を4列(16席)ずつ設置。

展望席のご予約はお早めに。

現在、展望席が設置されている車形は3種類。
いずれも座席数限定なので早めのご予約をおすすめします。

ご予約は乗車日の1ヶ月前の10時からとなります。

展望席は特別料金なしの一般料金(運賃+特急料金)で乗車できます。

補助警報音

その音色は、ロマンスカーの歴史

補助警報音とは、ロマンスカーが奏でる警笛のことで、1957年から歴代のロマンスカーに搭載され続け、その愛らしいピーポー音は沿線の人たちの憧れの的でした。

それから、しばらく休止されていましたが、VSE(50000形)で復活し、各駅での発車時に聴けるようになりました。MSE(60000形)、GSE(70000形)にも搭載されています。

補助警報音