戻る

鉄道(てつどう)のしごと 鉄道(てつどう)のしごと

タップ(クリック)するとメニューが(ひら)くよ
ひとつ(まえ)画面(がめん)にもどるよ
駅のしごと

(えき)のしごと

(えき)はみなさんもよく()っている(えき)係員(かかりいん)職場(しょくば)です。

小田急線(おだきゅうせん)()るとき、はじめに利用(りよう)するのが(えき)です。そこではたらく駅係員(えきかかりいん)は、お(きゃく)さまに気持(きも)ちよく小田急線(おだきゅうせん)利用(りよう)していただけるよう、親切(しんせつ)でていねいなご案内(あんない)、お(わす)(もの)対応(たいおう)などを(おこな)っています。また、駅係員(えきかかりいん)は、(えき)利用(りよう)するお(きゃく)さまが(おお)いときには、電車(でんしゃ)とぶつかったり、線路(せんろ)()ちたりしないようにホームで安全(あんぜん)をかくにんしています。

沿線(えんせん)観光地(かんこうち)案内(あんない)したり、ホームで安全(あんぜん)をかくにんしたりするんだよ。

(おも)駅設備(えきせつび)

多機能券売機(たきのうけんばいき)

多機能券売機

普通(ふつう)のきっぷをはじめ、PASMO(パスモ)定期券(ていきけん)、ロマンスカー特急券(とっきゅうけん)、フリーパスなども()えるべんりな券売機(けんばいき)です。

ホーム待合室(まちあいしつ)

ホーム待合室

ホームで電車(でんしゃ)快適(かいてき)にお()ちいただけるように、(なつ)冷房(れいぼう)(ふゆ)暖房(だんぼう)のきいている待合室(まちあいしつ)をそなえつけています。

ホームドア

ホームドア

電車(でんしゃ)がホームに(はい)ってくるときや出発(しゅっぱつ)するときに、ホームにいるお(きゃく)さまとぶつかることがないよう、ホームドアの設置(せっち)(すす)めています。

行先案内表示器(いきさきあんないひょうじき)

行先案内表示器

急行(きゅうこう)や各駅停車(かくえきていしゃ)など、電車(でんしゃ)のしゅるいによって表示(ひょうじ)()かりやすく色分(いろわ)けしたLED(エルイーディー)表示器(ひょうじき)のそなえつけを(すす)めています。

運行情報表示器(うんこうじょうほうひょうじき)

運行情報表示器

小田急線(おだきゅうせん)()りかえができる他社線(たしゃせん)がおくれたりしている場合(ばあい)にそのじょうほうをご案内(あんない)するものです。

こんな仕事(しごと)もあるよ

信号扱(しんごうあつか)

信号扱い

信号扱(しんごうあつか)いとは、電車(でんしゃ)運行(うんこう)にトラブルがあったときに、できるだけ(はや)列車(れっしゃ)順番(じゅんばん)や、おくれを(もと)にもどすための仕事(しごと)です。この仕事(しごと)をする(ひと)信号扱者(しんごうあつかいしゃ)といいます。信号扱者(しんごうあつかいしゃ)は、トラブルが()きるとすぐに信号扱所(しんごうあつかいじょ)()き、信号(しんごう)操作(そうさ)して電車(でんしゃ)安全(あんぜん)到着(とうちゃく)出発(しゅっぱつ)させます。信号扱所(しんごうあつかいじょ)は、ポイント(線路(せんろ)()かれるそうち)がある(えき)にあります。

(わす)(もの)(あつか)

お忘れ物扱い

(あめ)()った(つぎ)()は、とくにかさのお(わす)(もの)(おお)かったりしますが、車内(しゃない)でお(わす)(もの)をすると、電車(でんしゃ)といっしょに(うご)いてしまうため、なかなか()つかりません。そんなときは、お(わす)(もの)検索(けんさく)システム(パソコン)で、各駅(かくえき)(とど)けられたお(わす)(もの)をさがすことができます。

マメ知識

キケンなときに電車(でんしゃ)()めることができる(あか)非常(ひじょう)ボタン

赤い非常ボタン

線路(せんろ)(ひと)()ちてしまったときなど、(あか)い「列車(れっしゃ)非常停止(ひじょうていし)ボタン」をおすと(ちか)づいてくる電車(でんしゃ)にキケンを()らせることができます。
小田急線(おだきゅうせん)すべての(えき)のホームにあります。

(こま)ったときに駅係員(えきかかりいん)(はなし)ができる(あお)いインターホン

青いインターホン

ホームなどで(からだ)具合(ぐあい)(わる)(ひと)()かけたときなどは、(あお)(はこ)の「駅係員(えきかかりいん)()()しインターホン」をおすと駅係員(えきかかりいん)(はな)すことができます。
新宿駅(しんじゅくえき)をのぞく全駅(ぜんえき)()りつけられています。

(ほか)のしごとも()てみよう!

TOP