当社第82回無担保社債(小田急ゆけむりグリーンボンド) 発行概要

2019年1月、当社はグリーンボンドとして個人向け無担保社債を発行しました。グリーンボンドとは、地球温暖化をはじめとした環境問題の解決に資する資金を調達するために発行される債券を指し、国内鉄道会社としては初めての発行です。

調達した資金は、車両の更新や輸送インフラの増強等の鉄道事業に充当し、環境に配慮した鉄道サービスのさらなる充実を図ります。また、グリーンボンドの発行を通じて、クリーンな輸送手段としての鉄道の有用性について、投資家の皆さまに発信してまいります。

発行概要

年限 3年
発行額 100億円
各社債の金額 100万円
発行価格 各社債の金額100円につき100円
利率 0.10%
条件決定日 2019年1月10日
払込日 2019年1月31日
償還日 2022年1月25日
取得格付 AA-(JCR)
セカンド・パーティー・オピニオン サステイナリティクス
グリーンボンド評価 Green 1(株式会社日本格付研究所)

資金使途

電車および鉄道インフラ整備に係る設備資金(従来の車両に比べ、電力消費量に削減効果のある車両への新造ならびにリニューアル資金、複々線化事業に係る資金およびホーム延伸、ホームドア設置、駅舎および駅周辺の緑化など、駅改修に係る資金)および当該設備投資により減少した手元資金として2021年3月までに充当する予定です。

「ジャパン・グリーンボンド・アワード」環境大臣賞を受賞

2019年3月1日、環境省主催の「ジャパン・グリーンボンド・シンポジウム」において、「ジャパン・グリーンボンド・アワード」のジャパン・グリーンインパクト部門環境大臣賞を受賞しました。

鉄道車両を中心とした資金使途が国内初となる点や、CO2排出削減量を大幅に削減した、当社車両の高い環境改善効果などについて、評価を得ました。また、電車内での広告などで積極的なPRを行い、グリーンボンドの普及に貢献した点も評価されました。

受賞後に挨拶する山本常務取締役
(ジャパン・グリーンボンド・アワード表彰式にて)

レポーティング

小田急電鉄株式会社 第82回無担保社債(小田急ゆけむりグリーンボンド)レポーティング