IRポリシー

1 基本方針

当社は、株主、投資家の方々をはじめ、社会に対し、経営成績、事業状況などの企業情報を積極的に開示し、経営の透明性を確保し続けます。

2 開示の基準

当社では、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則にしたがって開示を行うとともに、投資家の投資判断に大きな影響を与えることが想定される情報についても開示いたします。

3 情報開示方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従い、同取引所の提供する「TDnet」に登録いたします。


また、事業報告書やアニュアルレポートなどを定期的に発行し、事業の進捗状況をお伝えいたします。なお、開示する情報は、基本的に当社ホームページにも掲載し、より公平な情報開示に努めます。

4 将来の見通しについて

当社が開示する情報のなかには将来の見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、発表時点での情報に基づく予想であり、経済情勢等の変化によって大きく異なる結果となる可能性がございます。

5 IRの沈黙期間について

決算発表資料準備中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐため、決算発表前3週間(第1、第3四半期決算については2週間)を沈黙期間と定め、決算に関するコメントや質問への回答を控えさせていただきます。

適時開示体制

当社における会社情報の適時開示に関する社内体制は、以下の通りです。

図:適時開示に関する社内体制