当社では、複々線が完成したことなどにより輸送力の増強が図られたことから、2019年度は「安全対策の強化」「サービスの向上」を中心に、総額327億円の設備投資を実施します。

鉄道部門の設備投資額の推移

鉄道部門の設備投資額の推移グラフ

設備投資の2本の柱

  • 1. 安全対策の強化

     2019年度中にホーム上の安全性を高めるため、代々木上原駅(1、4番ホーム)、東北沢駅、世田谷代田駅、梅ヶ丘駅へのホームドアの設置工事を進めます。また、自然災害や大規模地震による被害を最小限に抑えるため、法面改修や施設の改良を実施するほか、踏切の安全対策を推進します。

  • 2. サービスの向上

     新型通勤車両(5000形)の導入や、特急ロマンスカー・EXE(30000形)および通勤車両のリニューアルを進め、さらに快適な輸送サービスの実現を目指します。また、参宮橋駅・下北沢駅・向ヶ丘遊園駅・片瀬江ノ島駅などの駅舎の改良工事により、魅力的な駅づくりを進めます。