複々線化事業

事業の概要

当社では、輸送需要に対応するため列車を増発し、朝のラッシュピーク時には、およそ2分に1本の割合で列車を運転してきたほか、この時間帯に都心方面に向かう急行・準急は全て10両編成、各駅停車を8両編成で運転するなど、列車の長編成化を行ってきました。しかし、従来の複線設備では輸送力に限界があることから、快適な輸送サービスを実現するための抜本的な輸送改善策として、東北沢~和泉多摩川間(10.4km)の複々線化事業を進めてきました。計画から約50年、着工から約30年の年月を経て、2018年3月には最後の事業区間となった下北沢地区の複々線が完成し、2019年3月末をもって事業が完了しました。

複々線区間と事業の経緯

複々線区間と事業の経緯

事業の効果

I 混雑緩和による快適な輸送環境の提供

混雑緩和による快適な輸送環境の提供

最混雑区間(世田谷代田→下北沢間)の平均混雑率の推移

II 所要時間短縮による都心方面へのアクセス向上

所要時間短縮による都心方面へのアクセス向上

ラッシュピーク時の所要時間

III 千代田線直通列車増発による都心中心部への利便性拡大

千代田線直通列車増発による都心中心部への利便性拡大

駅舎計画の推進

参宮橋駅

「木と緑に溶け込む『杜』の玄関口」をコンセプトに、駅周辺の環境との共生を図り、地域の人々や利用客に愛され親しまれる駅を目指した改良工事を進めています。参宮橋駅周辺は代々木公園や参宮橋公園をはじめ、大きな街路樹や植栽に溢れた環境であることから、駅舎にも木材を利用し、木の温かみが感じられる空間としています。
改良工事に伴い駅舎を一新し、駅前スペースの拡大やトイレを全面リニューアルすることで、機能性や快適性の向上を図ります。2020年9月に竣工予定です。

改札口イメージ
改札口イメージ
ホームイメージ
ホームイメージ

下北沢駅

下北沢駅は、2018年3月の複々線化後、京王井の頭線との交差部で工事を進め、2019年3月の改札口新設によって駅舎が完成しました。

東口改札口

東口改札口

片瀬江ノ島駅

2020年5月の完成に向けて、改良工事を進めています。駅開業以来、およそ90年もの間、地域の人々に親しまれてきました。従来の竜宮城のイメージはそのままに、寺社仏閣造りを取り入れた駅舎となる予定です。

駅前広場から見たイメージ
駅前広場から見たイメージ
上から見たイメージ
上から見たイメージ

鶴川駅

鶴川駅は、地域との連携を重視し、駅と地域をつないだ空間のあり方をテーマに、改良工事を進めています。アイディアコンテストやワークショップを通じて、地域の人々や駅利用者にとって魅力的な駅づくりを検討していきます。

アイディアコンテストポスター
アイディアコンテストポスター
ワークショップポスター
ワークショップポスター