特急車両(ロマンスカー)

 小田急グループのフラッグシップであるロマンスカーは、新宿と小田原・箱根、江の島などの観光地を結ぶ特急列車です。観光はもちろん、通勤やショッピングの足として年間約1,329万人のお客さまにご利用いただいています。

GSE(70000形) Graceful※ Super Express

  • 優雅さの意

 「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」というコンセプトのもと開発され、2018年3月に就役。

 展望席は、前面窓に大型の1枚ガラスを使用しているほか、先頭車両は荷棚をなくし、よりダイナミックな眺望と開放的な空間を創出しています。客室部分には高さ1mの窓を採用。どの座席からでも、車窓を通して沿線の風景を存分にお楽しみいただけます。車体色は、薔薇の色を基調としたローズバーミリオンとし、側面にはロマンスカーの伝統色であるバーミリオンオレンジの帯を配色しています。

MSE(60000形) Multi※ Super Express

  • 多彩な運行が可能の意

 東京メトロ線内に乗り入れる初の座席指定制特急として2008年3月に就役。北千住・大手町~本厚木間を結ぶビジネス特急としての役割に加えて、北千住~箱根湯本間などを結ぶ観光特急としても運行しています。また、新宿~JR東海御殿場間を結ぶ特急「ふじさん号」としても運行しています。

 車体色は、地下駅でも明るさを放つフェルメール・ブルーに特急ロマンスカーが継承してきたバーミリオンオレンジの帯を配色。また、車内にはLED照明を採用し、ワインレッドのカーペットを用いるなど、落ち着きのある居住空間を演出しています。2008年、鉄道関連の国際デザインコンペティションでもある第10回ブルネル賞において、「車両部門・奨励賞」を受賞。2008年度グッドデザイン賞、2009年ブルーリボン賞受賞。

VSE(50000形) Vault※ Super Express

  • ドーム型の天井・天空の意

 箱根観光用のロマンスカーとして2005年3月に就役。風景を存分にお楽しみいただけるよう、ロマンスカーの代名詞でもある展望席を設けています。客室部分には約4mの連続窓を採用し、約2.5mあるドーム型天井や、ゆとりあるシートピッチにより、居住性の向上が図られています。また、快適な乗り心地を実現するため、車体傾斜装置などさまざまな技術を採用しているほか、コンパートメント形式のサルーンなど、上質なサービスを提供するための工夫が随所に施されています。車体色は、シルキーホワイトにバーミリオンオレンジの帯を配色しています。2005年度グッドデザイン賞、2006年ブルーリボン賞、2006年度アジアデザイン大賞など、多数受賞。

EXE αエクセアルファ(30000形) Excellent Express α

 EXE(30000形)の快適性はそのままに、「プラスアルファ」の要素を加えたリニューアル車両として2017年3月に就役。室内デザインは木目調の内装と直接・間接照明を組み合わせ、くつろぎの空間を創出しており、大きな荷物を収納するためのラゲージスペースなどを設置しています。車体色は、ムーンライトシルバーとディープグレーメタリックの2色の組み合わせで、シャープで明快なイメージとなっています。

EXEエクセ(30000形) Excellent Express

 1996年就役。定員は、10両編成時では当社特急車両で最大となる588人。6両と4両に分割することにより、多彩な運行が可能となり、観光だけでなく、通勤やショッピングの足としての利用が促進されました。車体色は、光を浴びるなどによって微妙に表情をかえるハーモニック・パールブロンズとしています。1996年度グッドデザイン商品、2007年度ロングライフデザイン賞受賞。2016年度からEXEαへのリニューアルを進めています。

LSE(7000形) Luxury Super Express

 1980年就役。流線形・展望席といったロマンスカー・NSE(3100形)の特徴を継承しながら、さまざまな面から改良を加えました。例えば、電気指令式ブレーキやモニタ装置を採用したほか、リクライニングシートや電動式愛称表示器など、サービス面も充実させています。1981年ブルーリボン賞受賞。
2018年7月10日をもって定期運行を終了。
同年10月中に引退を迎えます。

通勤車両

4000形

 2007年就役。東京メトロ千代田線への直通運転車両として運行を開始し、2016年からはJR常磐線取手まで乗り入れを行っています。電気機器や保安装置など主要な機器・回路を2重系化することにより、運行障害の低減を図っています。また、ホームとの段差を少なくするなどのバリアフリー化に加え、1人当たりの座席スペースを拡幅し居住性も向上。さらに、通勤車両としては当社初の全密閉式の主電動機(モーター)を採用し、走行音の低減を図っているほか、車体にリサイクル可能な素材を使用するなど、環境にも配慮しています。

3000形

 2002年就役。当社初の純電気ブレーキを採用したオールステンレス車両。除湿・急速暖房機能の搭載により、快適性が高められたほか、低床化によるホームとの段差縮小など、バリアフリー化を推進。また、車体にリサイクル可能な素材を使用するなど、環境にも配慮しています。

2000形

 1995年就役。1000形をベースに、扉幅を1.6mへワイド化。対話式通報装置を備えた車いすスペースや、LED表示器の設置などさまざまな改良が行われました。また、シートには座り心地の良いバケットタイプのロングシートを採用。1995年度には、当社の通勤車両として初めて、グッドデザイン商品に選ばれました。

1000形

 1988年就役。東京メトロ千代田線への乗り入れ車両として運行。当社初のオールステンレス車両。交流誘導電動機のVVVFインバータ制御方式を初めて採用し、新しい通勤車両のスタイルを確立しました。また、2014年度から、制御装置のフルSiC適用VVVFインバータ制御方式への更新による省エネ化やLED照明装置への変更およびLCD表示器や広告用表示装置の設置など、リニューアルを進めています。

8000形

 1983年就役。輸送力増強を担う高性能車両として登場し、大きな曲面ガラスを用いた正面デザインは、それまでの通勤車両のイメージを一新しました。2013年度には、運転操作のワンハンドル化やLED表示器の設置などのリニューアル工事が完了しました。