基本理念

 当社は、役員・社員の一人一人が常に心がけるべきものとして、[小田急電鉄は、日本一安全な鉄道をめざします。]との基本理念を掲げています。

小田急電鉄は、日本一安全な鉄道をめざします。

題字:小田急電鉄株式会社 取締役社長 星野晃司

安全管理の組織と体制

 2006年10月、当社はお客さまの安全を守るべく、「安全管理規程」を制定し、社長を最高責任者とし、安全確保に関する業務を統括する「安全統括管理者」を中心に各部門で管理者を定め、それぞれの責務と役割を明確にしています。

 また、この安全統括管理者を委員長とし各部門の管理者が委員を務める「統括安全マネジメント委員会」を中心に、各部門の本社および現業職場それぞれに「安全マネジメント委員会」を設け、安全に関する指示・伝達、情報連絡・共有および諸施策の検討・実施などを行う管理体制を構築しています。

安全管理の組織体系(イメージ)

安全管理の組織体系(イメージ)

安全管理の体制

安全管理の体制

安全管理の方法

PDCAサイクルを基本とした、安全管理

 「基本理念」に則った具体的な取り組みを実践すべく、安全性向上のための全社的な「安全努力目標」を設定するとともに、各部門における取り組みの方向性を整えた「安全重点施策」を策定しています。

 また、毎年「鉄道内部監査」を実施し、安全管理体制が有効に機能しているかどうかの検証を行うなど定期的な見直し・改善を図っています。

PDCAサイクル

 PDCAサイクルとは、P(PLAN:計画)-D(DO:実施)-C(CHECK:評価)-A(ACT:改善)というプロセスにより、改善の結果を次の計画に反映させるというものです。

 当社では、安全に関する種々の取り組みについて、この手法に基づき、さらなる改善に努めています。

PDCAサイクル図

安全報告書2017