「こんなときは…?」
お客さま、沿線の皆さまのご理解、ご協力をよろしくお願いします。

踏切で事故やトラブルがあったときは…

 

万が一、自動車で踏切を渡りきらないうちに遮断桿(しゃだんかん)が下りてしまった場合は、ゆっくりと遮断桿を押しながら踏切の外に出てください。遮断桿は、バネの力で戻る仕組みになっています。

また、「踏切で自動車がエンストしている!」といったトラブルを発見された場合は、踏切の両側に設置している「踏切支障報知装置」の非常ボタンを押してください。その際は、その場にいる全員が、必ず踏切の外に出ていただくようお願いします。

踏切支障報知装置が動作すると、運転士に踏切内の異常を知らせる信号機が動作し、踏切での事故防止につながります。 なお、踏切支障報知装置は全踏切に設置しています。

なお、この装置をいたずらなどで使用すると、法律により罰せられます。

電車の運行を妨害する行為を見かけたときは…

 
踏切監視警告板

置石や座席の切り裂きなど、電車の運行を妨害する行為は犯罪です。

当社では、電車に対する妨害行為を抑制するために、「踏切集中監視システム」によって踏切が監視中であることを警告した「踏切監視警告板」の設置、車内巡回・点検の強化、小学校を訪問するなどの啓発活動を行っています。「踏切集中監視システム」の導入以降、踏切での妨害行為に対する加害者の特定にも役立っています。

電車の運行を妨害する行為を見かけたときは、お近くの乗務員または駅係員、警察へお知らせください。

人が線路に転落したときは…

 
列車非常停止ボタン

「ホームから人が転落した!」「線路上に障害物がある!」などの事故や異常を発見し、緊急に電車を停める必要があるときは、全駅のホームに設置している「列車非常停止ボタン」を押してください。このボタン操作によって、半径約1km以内のすべての電車に運行停止指令が自動的に発せられ、受信した電車は非常ブレーキをかけるなどの措置を行います。

なお、これらの装置をいたずらなどで使用すると、法律により罰せられます。

体調を崩された人がいたときは…

 
インターホン

「ホームで人が倒れた!」「線路に携帯電話を落としてしまった!」などの事態が発生した際には、お近くの駅係員にお知らせください。ホームなどに設置している「インターホン」を押していただいて、駅係員と連絡を取ることができる駅もあります。

走行中の車内で倒れた人がいたときは…

 
対話式非常通報装置

「車内で人が倒れている!」といった異常を発見された場合は、車両に設置している「車内非常ボタン」を押してください。これにより、乗務員は、何号車で異常が発生しているのかが分かります。車内非常ボタンは、通常、各車両の連結部付近や車いすスペース付近にあります。

また、一部の特急車両や通勤車両では、「対話式非常通報装置」を設置しており、乗務員と直接通話することができます。

なお、この装置をいたずらなどで使用すると、法律により罰せられます。

電車のホーム進入・進出時には…

 

電車をお待ちの際または電車から降りられた後は、必ず黄色い線の内側(ホーム中ほど)までお下がりください。ホームを移動される際も、黄色い線の内側を歩かれるようお願いします。

黄色い線の外側(線路側)は、ホームからの転落や電車との接触など、思わぬ事故やトラブルを招くことがあります。当社では、過去に発生させてしまった事故を二度と発生させない取り組みとして、車掌や運転士、駅係員がお客さまの安全を確認するまでは、電車を発車させません。不用意な電車の遅延を防ぐため、電車が発着する際に、車掌や運転士、駅係員などから同様のアナウンスをさせていただくこともあります。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

COLUMN:電車からお降りになったら…

ホームでの「ながら歩き」はおやめください。

携帯電話やスマートフォン、ゲームなどの画面を見ながらホームを歩かれると、電車との接触事故や線路への転落事故にもつながる恐れがあります。また、ご自身だけでなく、周囲の方を巻き込む事故につながる恐れがありますので、大変危険なホームでの「ながら歩き」はおやめください。

電車のドアが閉まり始めたら…

 

ドアが閉まり始めてからのご乗車は、大変危険です。特に、駆け込み乗車は、ドアに挟まれる、ほかのお客さまと衝突するなど、思わぬ事故やトラブルのもととなります。ご無理をなさらずに、次の電車をお待ちください。

COLUMN:ホームドアの近くでは…

新宿駅では、プラットホームにおけるさらなる安全性向上のため、ホームドアを設置しています。ホームドアの近くでは、以下ご注意いただきますようお願いします。

  1. (1) ホームドアに、ものを立てかけたり、もたれかからないでください。
  2. (2) ホームドアより中に、手や顔を出さないでください。
  3. (3) 閉まりかけたドアへの駆け込み乗車はおやめください。
  4. (4) ホームドアに、手をはさまれないよう気をつけてください。
  5. (5) ホームドアや電車の扉に、お荷物をはさんだりしますと大変危険ですのでおやめください。

COLUMN:電車の扉の近くでは…

戸袋への引き込まれにご注意ください。

特に、お子さま連れのお客さまはご注意ください。

電車の扉が開く際、手や指、かばんが戸袋に引き込まれ、思わぬケガをされることがあります。いったん扉が閉まった後でも、発車までに再度開くことがありますので、扉の近くでは扉に手を付かないなど、十分にご注意ください。

駅や車内で体調を崩されたときは…

体調を崩された場合は、ご遠慮なく、駅係員にご相談ください。特に、朝は混雑率が高くなり、車内で体調を崩されるケースが多く発生しています。混雑によりお客さまには大変ご迷惑をお掛けしていますが、体調がすぐれない場合はご無理をなさらずに次の停車駅でお降りになり、駅係員までお知らせください。

お客さまの万が一に備えた取り組みの事例

COLUMN:お客さまの万が一に備えた取り組み

サービス介助士

サービス介助士

AED(Automated External Defibrillator/自動体外式除細動器)

AED

上級救命講習

上級救命講習

 
上級救命講習

お客さまの貴重なご意見・ご要望を大切にしています。

ご意見・ご要望管理システムを導入しています。

「小田急お客さまセンター」などに寄せられるご意見・ご要望の内容は、年々高度化、複雑化しています。さらに、お客さまに関する個人情報保護対策、情報セキュリティ対策の強化も重要な課題と言えます。そのような問題を解決し、お客さまからの貴重なご意見・ご要望を生かすために、2008年4月より社内システム「ご意見・ご要望管理システム」を導入しています。

これにより、お客さまへの回答時間の短縮や回答内容の向上を図ることはもちろん、関連する部門間での情報交換および共有化を強化しています。

安心アンケートを実施しました。

「小田急アンケートモニター」の皆さまにご協力いただき、「鉄道の安全対策について」のアンケートを毎年実施しています。

アンケート結果については、関係部門間で共有し、それぞれの安全への取り組みに活用しています。

より正確かつ分かりやすい情報提供に取り組んでいます。

駅や車内、ホームページなどで列車運行に関する情報提供を行っています。

 

現在、主要駅を中心に設置している、より視認性が高いLEDやLCDを使った「行先案内表示装置」を全駅に設置する工事を引き続き進めています。

2012年度現在で51駅に設置完了しており、今年度は、梅ヶ丘駅ほか7駅に設置する予定です。また、一部の通勤車両・特急車両においても、車内のドア上部分にLEDやLCD表示器を設置しています。列車運行に支障が生じた際、これらに加えて、当社ウェブサイトにて遅延状況や他社線への振替輸送などをご案内しています。

PASMOを使用した情報配信サービスを提供しています。

 

PASMOを使用した自動改札機通過情報配信サービス「小田急あんしんグーパスIC」。これは、小田急線をご利用のお子さま(小学生、中学生および高校生)の保護者の方に安心感を提供できるよう、事前に登録した記名PASMOで小田急線の自動改札機を通過した際に、お子さまの名前、日時、通過駅と入・出場情報を、保護者の方の携帯電話へメールで配信するサービスです。なお、2012年度末時点で、6,202名のお子さまにご利用いただいています。

Twitterによる列車運行状況の配信を開始しました。

 

当社では、2012年4月より公式Twitterアカウント(@odakyuline_info)による列車運行状況の配信サービスを開始しました。

これは、列車運行異常時の情報提供機能の強化を目的とした施策の一つで、当社線にダイヤの乱れが発生した場合などにメッセージを配信します。これまで当社ではウェブサイトにて列車運行状況をお知らせしてきましたが、本サービスの開始により、運行状況の変化を迅速にお届けすることが可能となりました。

COLUMN:異常時情報提供改善検討チームの取り組み

輸送障害などによる列車運休やダイヤ乱れが発生している際、お客さまが求めている情報をこれまで以上に適切に提供するために、関係部門担当者による「異常時情報提供改善検討チーム」を結成し活動しています。

その中で駅構内および列車内の一部において、振替輸送時の経路が容易に確認できるように路線図式の経路図を設置しました。また、主要駅では大型ディスプレイを用いて、事故情報や運転状況、振替輸送経路を表示しています。さらに運輸司令所や主要駅から、隣接駅に一斉または個別にアナウンスが可能な遠隔放送装置を順次導入し、リアルタイムな情報提供に取り組んでいます。

お客さまとのコミュニケーションは、 安全のための大切な一歩です。

お客さまと直接ふれあう機会は、ご意見・ご要望とともに、励ましやおほめの言葉をいただくこともあり、安全に対する取り組みへの大きな活力となります。

「ファミリー鉄道教室」を開催しました。

ファミリー鉄道教室(小田急グループ 親子体験イベント)

「ファミリー鉄道展」を開催しました。

ファミリー鉄道展2012

「大野総合車両所 親子見学会」を開催しました。

大野総合車両所 親子見学会

「下北沢(地下ホーム)親子・一般見学会」を開催しました。

 

2013年3月22日の終電後に行った東北沢駅~世田谷代田駅間の地下化切替に先立ち、3月16日に、応募総数4,500名の中から抽選で約3,000名の方をご招待し、新しい下北沢駅の地下ホームの見学や線路を歩く見学会を開催しました。

当日は、特別ゲストとして「スポーツ祭東京2013」のマスコットキャラクター「ゆりーとくん」も現れ、同区間において当社の複々線化事業と一体的に進められている東京都の連続立体交差事業をPRしました。このほか、駅長との記念撮影会や手回し発電による鉄道模型の運転などの催しも行いました。

沿線自治体や警察・消防機関などとも連携を図り、安全性の向上に努めています。

さまざまな訓練を合同で行っています。

 
成城学園前駅でのテロ訓練の様子

沿線の自治体や警察・消防機関と合同で、成城学園前駅ではテロ訓練、小田原駅、新松田駅および本厚木駅では帰宅困難者対策訓練を行うなど、現業職場単位の訓練を積極的に実施し、連携を図っています。

自治体や警察、グループ会社と連携した踏切事故防止のための啓発活動を行っています。

 
啓発ステッカー(赤枠部分)
 
啓発ステッカー(赤枠部分)

踏切での事故を未然に防止するため、小田急グループの交通事業者および自治体、所轄警察署と連携し、2012年度は列車支障が多い3カ所の踏切(生田1号、小田急相模原1号、鶴間1号)において、歩行者およびドライバーに対する啓発活動を実施しました。

また、小田急グループ各社のバスやタクシーに啓発ステッカーを貼り付け、踏切事故防止の働きかけを行いました。

COLUMN:お客さまに対する事故防止啓発活動

お酒に酔ったお客さまの線路への転落や電車との接触などが多く発生する忘年会などの時期に合わせ、事故防止のための啓発活動を行っています。

2012年12月には、新百合ヶ丘駅、藤沢駅において、お客さまへの呼びかけおよびPR用ポケットティッシュの配布を行いました。

お客さまに安全と安心を(安全報告書2013)